2017年07月26日

書籍/漫画関連 『少女マンガ漫画1号館』

 (石子 順:著 清山社)

 1977年初版の、少女漫画の紹介本。

 プロローグ、エピローグ以外に5つのパートに分かれており、それぞれ、里中満智子作品、萩尾望都作品、男性漫画家による少女漫画(手塚治虫、永島慎二、石森章太郎(※当時)、横山光輝、ちばてつや、つのだじろう、巴里夫)、さまざまな少女漫画の登場人物たち(※人名事典的な作り)、少女マンガ10選(の表紙)、といった内容になっている。

 少女漫画黎明期から出版当時までの少女漫画の大まかな流れを知る上でも役に立つし、少女漫画の持ち得る魅力や意義(←というと、おおげさになってしまうが……)、往時の(←昔の、みたいな意味)少女漫画の今とは違う内容に触れることもできる一冊。
posted by らぶらどーる at 03:38| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

書籍/漫画 『黄色い本――ジャック・チボーという名の友人――』(全1巻)感想

 (高野文子:著 講談社(アフタヌーンKCデラックス))

 第7回手塚治虫文化賞・マンガ大賞を受賞した、高野文子による短編集。
 表題作でもある70ページ強の中編と、『CLOUDY WEDNESDAY』『マヨネーズ』『二の二の六』の3編を収録。
 以下ネタバレあり。

 高野文子をきちんと読むのは、個人的に初めて。
 表題作については大体の内容は知っていたが、読んでみると、確かに<本読み>の感覚が随所に感じられる一作。
 (※<本読み>とは<本を日常的に読んできた人>を表現するために考えた(/浮かんだ)言葉なので、一般的な言葉では無いかも知れない)。

 北国に住む日本の女子高生の日常を描いた作品で、ただそこに<図書館で借りた『黄色い本』をてくてくと愛読中>という設定が加わることによって、<本読み>ならではの感覚が加味されて、独自の世界というか、ある意味、オリジナルっぽい存在になっている印象。
 (※『黄色い本』とは、ロジェ・マルタン・デュ・ガール作の書籍/小説『チボー家の人々』(の白水社版)のこと。作中にも『チボー家の人々』の文章が、たびたび、登場する)。

 ひとつ、気になったのは、たぶん、この作品、<本読み>の人が読んだら、10人が10人とも同じ感想を言いそうな気が個人的にはして、悪いということでは無いのだけれど、そういう意味でも独特の作品なのかな、という気がした。

 他の3編も読んではいるが、ここでの感想は割愛(こちらも、悪いということでは無くて、あくまで『黄色い本〜』を読むのが本来の目的だったので)。
posted by らぶらどーる at 02:36| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

書籍/実話漫画 『こんな私がマンガ家に!?』(全1巻)簡易感想

 (青沼貴子:著 イースト・プレス)

 TVアニメ『魔法の妖精ペルシャ』の原作である少女漫画『ペルシャが好き!』や、育児漫画『ママはぽよぽよザウルスがお好き』などで知られる漫画家の青沼貴子が、自身のデビュー前後から、第2子の妊娠に伴って休業し、育児漫画への転身の入り口に立つところまでを描いた(えがいた)実話漫画。以下、ネタバレあり。

 作者のその時々の感情や感性に沿って描かれているので、(いい意味で)すらすら読める。
 編集者等を含めた少女漫画稼業の(当時の?)ノリを知るのに、いいかも。

 (※少女漫画という稼業の、という意味で<少女漫画稼業>と表記しています。念のため)。
posted by らぶらどーる at 19:30| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

音楽/CDシングル 『透明な翼』(大原ゆい子)

 タイトル曲は、TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』の第2クールのエンディングテーマ曲。
 ほかに『ねあと』『ノスタルジア』と、上記3曲のインストゥルメンタルを収録。
 ちなみに作詞・作曲は、全て大原ゆい子。

 現在、BS11で放送中のアニメ・ゲーム系情報番組『アニゲー☆イレブン』の第86回(2017/06/01放送)に出演していて、スタジオライブが少し、印象的だったので、借りてみた。

 曲調は3曲3様(よう)なのだが、それぞれに、いい感じ。
 どちらかというと、くり返し聞くことで、より、しっくりしてくるタイプの楽曲か。
 あと、編曲も3曲とも、いい。

 ジャケット写真については、どちらかというと『アニゲー☆イレブン』出演時の(座りトーク&ライブの)ような感じのほうがいいのでは、という気もした(借りたのは『アニメ盤』)。
posted by らぶらどーる at 20:11| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

TV雑感 『スポーツ酒場”語り亭”「”天才”の育て方」』『プリンスアイスワールド2017 横浜公演』『【バイタルTV】熱烈!昭和歌謡見聞録』

・『スポーツ酒場”語り亭”「”天才”の育て方」』(NHK−BS)
 将棋の藤井聡太四段の連勝記録に関連して、急遽、製作されたものらしい。
 私は、昨日(2017/07/09)あった再放送を見たのだが、なかなか、興味深かった。
 (ゲストは、先ごろ引退した元プロ棋士の加藤一二三氏や、青山学院大学陸上部監督の原晋氏など)。

・『プリンスアイスワールド2017 横浜公演』(2017/05/14放送/BSジャパン)
 町田樹の新プログラムが、恐ろしく素晴らしい(※この場合の『恐ろしく』は『すごく』みたいな意味)。

・『【バイタルTV】熱烈!昭和歌謡見聞録』(2017/07/07放送/BS−TBS)
 (まだ)ちゃんと見れていないのだが、伊藤かずえの右肩の向こうに見える男性が、番組的には少し、邪魔なのでは? と。
 (ご本人がどうのというよりも、映り方/映っていることによる番組(全体の印象)への影響とでもいうか)。
posted by らぶらどーる at 04:52| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする