2018年06月24日

ゲーム/PS2 一応、ウルフでも<格闘新世紀U>をクリア(『バーチャファイター4 エボリューション』)

 というわけで、ジャッキーでのQUESTモードは一段落したのだけれど、もともと今回のプレイではウルフでQUESTモードを始めていたので、どのくらい行けるものか、そちらの続きからやってみる。

 で、さすがは元々のメイン使用キャラということなのか、意外とスムーズに各店舗の大会をクリアしていくことが出来、このたび、無事、<格闘新世紀U>もクリア(※難易度は<初級者向け>)。

 が、こちらの問題なのか、最後の2店舗くらいから<格闘新世紀U>にかけては、プレイしていてもあまり楽しさを感じられなかったので、どこか根っこのところで(このゲームと)微妙に合わないのだろう、と(※これは、ジャッキーでプレイしたときと同じ印象)。

 といっても、それ以外は、比較的、いい感じだったので、<100パーセント、(自分に)合うゲームってのは、なかなか無いものだよ>という、ごく当たり前のことをあらためて認識したということなのかな、と。
posted by らぶらどーる at 17:08| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

ゲーム/PS2 個人的には、ほぼ、終了(『バーチャファイター4 エボリューション』)

 というわけで、前回、<初級者向け>モードで<格闘新世紀U>に優勝した後、各店舗の制覇率をぼちぼちと上げていて、<途中で飽きたら、その時点でやめよう>と思っていたのだが、なんとか全店舗の制覇率を100%にすることに成功。

 が、<プレイヤー制覇率>は99.0%だそうで、大会にのみ出場する相手がいるのか、あるいは他に条件があるのかは知らないけれど、さすがにもういいか、と。

 戦績は901勝180敗と、いいのか悪いのか分からないのだが――まあ、最後の方は、各店舗の残り1〜2名と対戦で出会うことだけを目的に、それ以外の既に撃破済みのプレイヤーとの対戦は流してプレイしていたから、勝ちへの執着があんまり無かった……(8K+Gを、ひたすら、やってみたりとか)――<初級者向け>なら、技を全部出せなくても、空中コンボを入れなくても、ある程度、なんとかなるので、いわゆる初級者にもそれなりにおすすめかも知れない。
 (どちらかというと、<アーケード>モードの方が容赦が無い印象)。
posted by らぶらどーる at 17:39| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

ゲーム/PS2 『バーチャファイター4 エボリューション』も一段落

 <初級者向け>の難易度でQUESTモードをぼちぼちとやっていた『バーチャファイター4 エボリューション』だったのだが、この度、無事、ゲーム内の大会である<格闘新世紀U>に優勝することが出来たので、プレイも一段落。

 最後の2店舗ぐらいから厳しいというか、やっていてあんまり楽しさを感じなくなってきていたので、どちらかというと<やっと終わった>感のほうが強い。

 ただまあ、私のプレイの仕方が若干、変則的なので、普通のプレイの仕方をするのであれば、また違った印象になるだろうとは思う。
 (変則的というのは、<投げ確>等を覚えないとか、基本、<空中コンボを入れない>とか)(※<投げ確>というのは<相手のその技をこちらがガードすることに成功すれば、その直後に、こちらの投げが確実に成功する技>という意味で、相手の使っているキャラクターのどの技が<投げ確>なのかを覚えて、きちんと投げを入れていくといったことが、このゲームのいわゆる一般的なプレイスタイル(のはず))。
posted by らぶらどーる at 00:29| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ゲーム/PS2 『バーチャファイター4 エボリューション』プレイ中

 というわけで、6つ前の記事でも触れた通り、久々に『バーチャファイター4 エボリューション』をプレイしていたのだが、なんだかARCADEモードがつまらないと感じてきたので、QUESTモードに移行(当然、<初級者向け>を選択)。

 で、基本的に『バーチャファイター』シリーズではウルフをメインに使っていたので、今回もウルフで始めてみたのだが、4つ目のゲームセンターくらいから、段々とプレイするのがしんどくなり始める。

 というわけで、ジャッキーに切り替えてプレイしてみるが、こっちはこっちでなかなか難しい(←技が多過ぎる……)。

 が、SHOPで髪の色の<赤>を購入後、エディットで髪型を短髪に変えてみると、ちょっとアイリッシュか何かのキャラクターっぽく見えて、これはこれでいいかも、なんて(※アイリッシュとはアイルランド人のこと)。

 が、それもつかの間、髪の色は1回の購入につき50試合の期間限定とのことで、しばらくやっていると、また元の金髪に逆戻り。

 で、金色の短髪にデフォルトの(衣装の)カラーリングは個人的に微妙に合わない感じだったので、これまたSHOPで購入した緑のカラーリングを組み合わせるなどして、まあまあなカラーリングに。

 が、せっかくマネーが貯まったので髪の色を赤に戻してみると、これまた似合わないのでデフォルトのカラーリングに逆戻り。

 なんてことを繰り返している今日このごろだが、なんだか最初の2つのゲームセンター辺りをうろうろしている方がそれなりに楽しくプレイできるのでは……? なんて思い始めていたり。

 (個人的には、以前、ウルフをメインに使ってプレイした時も感じたのだけど、エディットできるパーツがなんだか微妙で、デフォルトに勝る(まさる)組み合わせがなかなか見つからないような印象だが、まあ、これは(もう)仕方が無いか……)(←ネット接続無しのゲームで、パッケージ内で完結しているから)。
posted by らぶらどーる at 07:55| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

ゲーム/PS2 久々の『バーチャファイター4 エボリューション』と、eスポーツに関連した妄想

 もう半年以上(?)、延々とPS2版『ドラゴンクエスト5』をやっていて、さすがに飽きたので、引き出しの奥から同じくPS2版の格闘ゲーム『バーチャファイター4 エボリューション』を引っ張り出して、新規プレイでやってみる。

 昔は難易度をNORMALでやっていたのだが、さすがに厳しいだろうとEASYでARCADEモードをやってみるも、やや、難しく(←クリアできない程では無い)、あまりストレスをため過ぎないようにということで、結局、VERY EASYに落ち着く。
 (というか、さすがに技が多過ぎて混乱するので、そこそこの数の技だけで何とかなりそうな、と考えたときに、無理せず難易度を下げておこうか、と)。

 で、ここからはeスポーツの現状に疎い(=うとい。くわしくない、みたいな意味)者の単なる妄想なのだが、競技となるとあまりキャラクター間等の強さのバランスが崩れていてもアレだと思うので、当時、<どのキャラクターも強さ的には、ほぼ、一緒>みたいに言われていたこのゲームとかもいいのでは、なんて思ってみる。
 (ちなみに、詳細は覚えていないが、同シリーズの過去作は確か、アメリカのスミソニアン博物館に展示・保存されていたと思うので、そういった面での評価も高いということだろう、と)。

 あと、競技の形式についての妄想としては、たとえば6vs6の団体戦だったりすると、

・あらかじめ、メンバー別の使用キャラクターを登録

・チーム内でのキャラかぶり無し(各団体戦において、同じチーム内で同じキャラクターを複数のプレイヤーが使うのは不可→全員、別キャラクター)

・各団体戦において、6名中1名のみ、登録とは別のキャラクターを使用可能(※チーム内キャラかぶりは、不可)

・各団体戦前に、メンバー順と、その団体戦における使用キャラクターを提出し、開始直前に公開
 (たとえば、予選の第1試合のメンバー順と使用キャラクターは、第1試合の開始直前(両チームが入場、紹介されるタイミングとか)で明らかになる)

 とかにすると、固定された楽しみと、変化による楽しみとが合わさって、少し面白くなるのではないか、と。
posted by らぶらどーる at 04:58| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

ゲーム/PS2 新規プレイのその後(『ドラクエ5』)

 以下、ネタバレあり。


【しっくり来なかったので、途中からやり直し】
 前回書いた通り、ビアンカを選択後、いちおうエンディングまでは行ったのだが、どうもしっくり来なかったので、選択前のセーブデータからやり直し(当然、フローラを選択)。


【少しだけひねくれた回り方】
 で、そのあと船が手に入るわけだが、今まではポートセルミから南下してテルパドール、メダル王の城、ネッドの宿屋と回ってチゾット越えを目指していたところ、ふと思い立って東に進み、オラクルベリーや修道院の脇を通って時計回りに南下。
 普通にネッドの宿屋に着けてしまったので、メダル王の城まで行ったのち、引き返して、テルパドールには行かずに、そのままチゾット越え。
 無事グランバニアに到着するも、これといった変化は無く、まあ、単なる自己満足。


【3体目のスライムナイトが仲間にならなかったので……】
 ビアンカ選択時とはちがい、スライムナイトが2体しか仲間にならなかった上、強めのモンスターはゴレムスとオークスのみという前回と同じかそれ以下の引き。
 というわけで、3体目のスライムナイトの代わりに息子を同行させて、基本、回復要員に(前線でバリバリ戦わせるには、ヒットポイントの低さがネック)。
 なお、(ゲーム自体が)一本道の話なので、やっていること自体はビアンカ選択時とほぼ変わらないのだが、なぜかフローラを選んだ今回のほうが、自分的にはしっくり来るという不思議。


【ラスボス戦の顛末】
 そんなこんなでゲームを進め、ビアンカ選択時よりも主人公が低いレベルのまま、(レベル上げで保険を掛けずに)ラスボス戦に突入。
 ビアンカ選択時と同様、回復役に徹していた主人公だが、全体的なレベルの低さもあって、さらに苦戦。
 いよいよ厳しくなってMPも底を尽きかけ、MPの回復手段も尽きたところで、ピエールに持たせておいた<せかいじゅのしずく>で全員を全回復させて最後の勝負を! と決断。
 で、どうせ<せかいじゅのしずく>で全員が全回復するのだから主人公が回復役に回る必要も無くなるわけで、主人公にはラスボスが第二形態になって以降(たぶん)初めて通常攻撃をさせることに。
 と――主人公の一撃がとどめとなってラスボス戦に勝利……まさかの主人公らしい決着の付け方となってしまったのでした。

 そんなこんなで、(なぜかは知らないが)やっぱり私にはフローラの方がしっくり来るのだなあと再認識したやり直しプレイだったのでした。
posted by らぶらどーる at 05:17| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

ゲーム/PS2 新規プレイとラスボス戦顛末記(『ドラクエ5』)

 以下、ネタバレあり。


【新規プレイの動機】
 というわけで、主人公がレベル上限に到達したのちも延々と続けていたPS2版『ドラゴンクエスト5』だったのだが、さすがに飽きていたころ、とある情報を発見。

 毎回、プレイするごとにカジノ船での結婚式になって、<確か、教会での結婚式って、あったはずじゃあ……>と思っていたのだが、どうやらそれはビアンカを選んだ場合のみらしいことが判明。

 ということで、ビアンカとフローラなら、ごく当たり前にフローラを選んでしまう人なのだが、久しぶりに教会での結婚式を見てみたいということで、ビアンカを選ぶために新規プレイを開始。


【無事、目的を達するも……】
 プレイ開始後の数々のイベントが、もはや勝手知ったる道になってしまっているため、多少、時間はかかったものの、無事、選択場面に到達。当初の予定通り、ビアンカを選択し、教会での結婚式を見るという目的は果たしたのだが……。

 ……うーん、なんだか、オリジナル版(スーパーファミコン版)で初めて教会での挙式を体験したときのような感覚は(さすがに)無いなあ……。

 自分が老いたのか、それともスレたのか、目的は果たしたものの、微妙に不完全燃焼感が……。


【攻め手に響く引きの悪さ】
 結婚後、いちおうクリアしておくか、とストーリーを進めるも、徐々に響いてきたのが、仲間にできるはずのモンスターの引きの悪さ。

 中盤以降、これといったモンスターが仲間にならず――というか、仲間になること自体が少なくなり――めぼしいモンスターはゴレムス(ゴーレム)とオークス(オークキング)の2体だけ。

 直接攻撃系のモンスターの1番手がゴレムスで、2番手がブラウン(ブラウニー)という引きの悪さ。<さまようよろい>ですら、仲間にならない。

 また、ブレス系のモンスターの引きもサッパリで、イエティやドラゴンマッドですら仲間にならない。仕方が無いので、当てになるメンバーが入ったら外そうと思っていたファイア(ほのおのせんし)を、いつまで経ってもパーティーに入れておかざるを得ないような状況。

 その一方で、中盤戦あたりで早くもスライムナイトが3体も仲間になったため、攻撃で圧倒するのは諦めて、スライムナイト3体体制で回復重視のパーティー編成に。
 (ちなみに、今回も家族は基本、冒険には同行させず)(例の森だけは娘を帯同し、防御させつつ、ひたすら逃げる(←帯同させていないので、レベルが低いままだから))。


【ラスボス戦の顛末】
 そんな状態なのだが、オークスがいちおうベホマラーを覚えたし、ということで、ラスボスに挑戦。

 が、第一段階で次々に登場する敵の援軍モンスターに意外と手こずる。

 というのも、偏った引きのために、単体攻撃に特化した武装にしていたのだが、援軍を攻撃すればラスボスが手つかずのまま、ラスボスを攻撃すれば援軍モンスターにHP(ヒットポイント)を削られていく、といった状況で、かなり苦戦。

 で、ここで思い出したのが、強いモンスターが仲間にならないためにずっとパーティーに入れたままだったファイアの存在で。

 物理系攻撃は、いまだに<やいばのブーメラン>を装備しているような状態だから(全体攻撃ではあるものの)一桁ダメージしか与えられなかったのだが、ふと思いついて<かえんのいき>を吐かせてみると、全体攻撃で各40くらいのダメージ(うろ覚え)。

 これはそれなりに使えるかも、ということで、<かえんのいき>を吐かせては馬車に入れて<けんじゃのいし>で回復させて――のくり返しで、援軍モンスターを何体か撃破しつつ、ラスボスにもダメージを与えて、なんとか第一段階を突破。

 第二段階に入っても苦戦続きの中、ベホマラー持ちのオークスは万が一にもやられさせるわけにいかないので、ファイアを前線に出して場つなぎしつつ、ダメージを食らったメンバーを馬車に入れて<けんじゃのいし>で回復。

 そんなこんなで15分くらい延々と戦いは続き、またも前線のHPが厳しくなったのでファイアと入れ替えて<かえんのいき>を吐かせてみると――
 ――その一撃でラスボスにとどめを刺してしまったのでした。

 ということで、ずっと員数外的な扱いだったファイアが、ラスボス戦で見事にその評価を覆して見せたという、意外かつ鮮烈な終わり方をした新規プレイだったのでした。
posted by らぶらどーる at 20:28| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

ゲーム/PS2 さすがに、そろそろ……?(『ドラクエ5』)

 以下、ネタバレあり。

 前回のゲーム関連の記事で書いた通り、モンスターのみの先発にして、しばらくやってみたりしていたのだけど、どうもパーティーに入れているモンスターのほとんどが、<レベルアップ時に大して能力値は上がらないのに必要な経験値は多く、しかもレベルの上限も、けっこう、先(さき)そう>という感じで。

 しかも、以前の経験値稼ぎ特化型ほどの効率のよさは望めないものだから、ますますもって、<あまり実(み)の無い時間を延々と過ごす>、といった感じになってきつつあって。

 ということで、いったん、パーティーは解散し、主人公の一人旅という形にしてみる。

 <(旅の)友は、(仕様上、別れられない)馬車を引いている馬のパトリシアだけさ!>と思っていたら、パーティーに他のメンバーがいないと、パトリシアに話しかけることもできないのね……。

 というわけで、完全(に)無言のまま、少し、うろうろしてみたのだが、今さら取りに行くアイテムも無いし、主人公はすでにレベルが上限に到達しているので、戦闘で勝利する意味もほぼ無いし、うーん……。

 結論はまだ出ていないが、そろそろ潮時かも……。
posted by らぶらどーる at 19:33| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ゲーム/PS2 強化月間、終了(『ドラクエ5』)

 以下、ネタバレあり。

 というわけで、息子、娘に続き、無事、妻(フローラ)もレベルが上限に到達し、パーティーから外すことに。
 最終的にHPが主人公に近いところまで行ったのは驚きだったが、これにて家族全員のレベル上げも終了し、パーティーの構成も、経験値稼ぎが主眼のものから変更することに。

 というのも、放置していた家族3人をパーティーに入れたときに、<どうせ、レベル99まで上がるんだろうから、先は長いよな>等と考え(※モンスターによっては、もっと低いレベルで上限に到達するものも)、あと、その段階ではレベルも低めで、(戦闘時に前面に出すのは)かなり心もとなかったものだから、以前考えたことはあるけれどやってはいなかった、経験値稼ぎに特化した構成にしてみることに。

 といっても大したことはしていなくて、要は先発メンバーを主人公/ドラゴ/シーザー/ギーガにして(※グレイトドラゴンx2+ギガンテスx1)、<ガンガンいこうぜ>でコマンド入力(の手間)を省略して、ブレス攻撃と物理的な攻撃の2本立てで、ひたすら経験値を稼いでいこう、という。

 で、控えに回った妻と娘は<どくばり>が装備できるので、メタル系が現れたら先発に回して一撃必殺を狙う、と。

 結果、息子が回復役に回ってしまったのだが、単純化した結果、経験値稼ぎが、まあ、はかどる。

 とはいっても、<くちぶえ>を使ったりしていないので、はかどるといってもペースが知れてはいるが、それでもこれまでに比べると、かなりコンスタントにレベルがアップし続けて、比較的、早く、家族全員が上限に到達。

 で、そのまま特化型のパーティー構成で経験値稼ぎを続けてもいいのだけれど、さすがに疲れたので、現在はモンスターのみの先発メンバーにして、主人公は控え。

 主人公のみの一人旅というのも考えたりはしてみたのだけど(←先制攻撃で一発死の呪文を食らったら、おしまい)、とりあえずはそんな感じでプレイしている、今日このごろだったのでした。
posted by らぶらどーる at 05:32| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

ゲーム/PS2 育ててみれば……(『ドラクエ5』)

 以下、ネタバレあり。

 相変わらず、ぼちぼちと続けているPS2用RPG『ドラゴンクエスト5』。
 ずっと放置していた家族3人を合流させ、レベル上げにいそしんでいたのだが、この度、息子と娘が無事、レベルの上限に到達。

 で、ちょっと驚いたのが娘の能力値の成長ぶりで、既に上限に到達済みの主人公と比べると、HP、MP、守備力の3つで主人公を上回るという……。

 もちろん、守備力は何を装備しているかによって変動するのだが、最強装備を身にまとっている主人公を上回っているのだから、これは驚き。

 これまで、すごろく場には主人公を行かせることが多く、それによる能力値の増減の影響もあるのかも知れないが、予想外の結果に、少し驚いてしまったのでした。
posted by らぶらどーる at 19:34| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする