2018年05月31日

TV TV雑感 『100分de名著(神谷美恵子)』『歌謡プレミアム(城みちる&伊藤咲子)』『japanぐる〜ヴ(大植真太郎/森山未來/平原慎太郎)』『土曜スタジオパーク(向井理)』『探偵!ナイトスクープ(多部未華子)』『掘れば掘るほどスゴイ人』

・『100分de名著 神谷美恵子 生きがいについて』(NHK Eテレ 全4回)
 個人的には、後半の2回(第3回と第4回)が印象的だった。

・『歌謡プレミアム』(ゲスト:城みちる&伊藤咲子)(2018/05/28放送分)
 伊藤咲子の歌唱シーンを中心に見たが、(声もよく出ているし)、いい感じ。

・『japanぐる〜ヴ』(BS朝日 2018/04/29&2018/05/27放送分)
 ダンスユニット『談ス』(だんす)を組んで、身体性を活かしたパフォーマンスっぽい(?)全国公演を行なっている大植真太郎/森山未來/平原慎太郎の3人が出演していたのだが(04/29はスタジオトーク、05/28は楽屋訪問)、3人の関係性やトークの雰囲気がいい感じだった。

・『土曜スタジオパーク』(ゲスト:向井理)(2018/05/26放送分)
 全体に興味深く、落ち着いた回だった印象。
 (内容とはあんまり関係が無いが、この春から(?)加わった男性アナが、相変わらず微妙に安定しないような……)(出演回を全て見ているわけでは無いので、たまたまかも知れない)。

・『探偵!ナイトスクープ』(ゲスト:多部未華子)(関西圏での放送は、2018/05/25)
 ゲストの多部未華子が、<なんだか普段と雰囲気がちがうな……>と思っていたら、同番組の大ファンで、仕事を始めてから初めて自分から志願してゲスト出演したとのことで、<ああ、道理で……>と。

・『掘れば掘るほどスゴイ人』(2018/05/25放送)
 最初の羽生結弦のところは、比較的、興味深かったが、ほかは全体的に(個人的には)微妙(分かりにくい言い方になるけれど、ギャグっぽいところとそうでないところのトーンが合っていないというか)。
 (ジョージ・ベストの姿を見れたのは、個人的には貴重だったが)。

 といったところ。
posted by らぶらどーる at 03:02| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

TV雑感 『プリンスアイスワールド2018 横浜公演』『SPORTSウォッチャー(町田樹)』『沸騰ワード10(小松菜奈&清野菜名)』

・『プリンスアイスワールド2018 横浜公演』(2018/05/20 BSジャパン)
 町田樹の解説が、フィギュアスケーティングのさまざまな要素について触れていて、印象的だった。

・『SPORTSウォッチャー』(2018/05/20放送分 BSジャパン)
 上記の<プリンスアイスワールド>への出演に関連した町田樹の密着ドキュメントが、なかなか、いい出来だったような。

・『沸騰ワード10』(2018/05/18放送分)
 小松菜奈&清野菜名の沖縄旅が、わりと、いい感じ。
posted by らぶらどーる at 05:43| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

TV雑感 『1周回って知らない話』『笑ってコラえて』『中居正広の身になる図書館』『池上彰のニュースそうだったのか!! 2時間スペシャル』

・『1周回って知らない話』(:日テレ報道番組に密着 2018/04/18放送分)
 小正裕佳子のプライベートでの受け答えとかの感じが、若干、芳根京子に似ているような気が(悪いということでは無く)。
 あと、『NEWS ZERO』の放送時の原稿書き換えとか、リアルタイム感が出ていて、よかったかな、と。
 (番組内容が、自局がらみのネタが多めになりつつあるような気がするのは、気になるところ)。


・『笑ってコラえて』(2018/04/18放送分)
 普通のゲスト(※スペシャルゲストじゃないほう)に、バラエティーでは個人的にお久しぶりな黒川智花が出ていて、たたずまいの感じが何となく紫吹淳さんっぽいかも、と(悪いということでは無くて)。


・『中居正広の身になる図書館』<中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!メダリストの報奨金ランキングSP>(2018/04/23放送分)
 説明すればする程、ドツボにはまっていく田中理恵(※元・体操選手)が、少し、おもしろかった。


・『池上彰のニュースそうだったのか!! 2時間スペシャル』(:北朝鮮&韓国首脳会談関連 2018/04/28放送分)
 <高関税の応酬から不況が世界を席巻し、第二次世界大戦へ……>という流れの説明が興味深かった。


 あと、2018/04/19放送の『シューイチ』のハリルホジッチ氏の会見がらみのところが<醜悪>だなあ、と……(会見内容では無くて、スタジオでのもろもろ)。
 (ちなみに上記とは関係が無いが、同じ放送回での<話題のフライパン>に関するところでも、実証の仕方に若干の疑問が。
 <おいしく焼ける>ということを実証するために、同じ大きさの2つの肉を、一般的なフライパンと、話題になっているというそのフライパンで、<同じ時間、同じ焼き方>で焼いて食べ比べてみる、というのだが――。
 <疑問が>と言ったのは、実証の際に採用されたその<焼き時間、焼き方>が、<話題のフライパンを使った時に、一番おいしく焼けるやり方である>というケースもあり得るからで。
 分かりやすく言うと、違う種類のフライパンなのだから、<同じ大きさの肉>を焼いた時においしく焼ける時間と焼き方は、それぞれ、異なっていてもおかしくないわけで。
 そうなると、<片方のフライパンにとって、一番おいしく焼けるやり方>は、<もう片方のフライパンにとって、一番おいしくは焼けないやり方>である、という可能性が出てくる。
 そういった意味で、フライパンの凄さを示すには、一見、正統派なやり方に見えて、実はそうでは無かったかも知れないなあ、と、まあ、これは余談)。
posted by らぶらどーる at 03:53| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

TV雑感 『VS嵐(『江戸は燃えているか』チーム)』『Kinki Kidsのブンブブーン』『しゃべくり007(『ちはやふる -結び-』)』『NHKスペシャル「金メダルへの道 逆境を乗り越えて」』『山中慎介世界戦TheREAL27』

・『VS嵐』(2018/03/01放送分 舞台『江戸は燃えているか』チーム)
 ゲストチームの<ボンバーストライカー>のところ、いい意味で見どころが一杯。

・『Kinki Kidsのブンブブーン』(2018/02/27放送分(※関東では2018/02/11に放送)ゲスト:飯豊まりえ)
 番組本編のオープニングが、いきなり道に面した倉庫か何かから始まって(←MCの2人の背後に段ボール箱や自転車がある)、思わず、<『タモリ倶楽部』!?>、と。
 (Kinki Kidsの2人のキャラクターを活かして、ゆるい感じ、っていうのは、ひとつの可能性としてありかも、なんて)。
 (別に、この番組とは限らないが)。

・『しゃべくり007』(2018/02/26放送分 ゲスト:映画『ちはやふる -結び-』より、広瀬すず以下6名)
 2〜3組のゲストが個別に出演する普段とはちがい、1時間まるまる『ちはやふる〜』関連のみだったが、割と面白かった。

・『NHKスペシャル 「金メダルへの道 逆境を乗り越えて」』(2018/02/26放送)
 現時点でしっかり見たのは羽生結弦のところだけだが、心境の細かな変化等にも触れられており、また、勝利をつかむための戦略も論理的で、おもしろかった。

・『山中慎介リベンジマッチ ボクシング世界戦TheREAL27』(2018/03/01放送 ※ネリとの再戦)
 ボクシングに限らず、私が生で見ると負けるケースが目立つような印象があって録画で見たのだが、ある意味、予想通りの結末(可能性のひとつとして、早いラウンドでの山中のKO負けがあるかな、と思っていた)。
 山中に関しては、いつのころからか、パンチ力頼みの守りを軽視したボクシングになった印象があって、今回もその印象は変わらず。
 厳しいようだが、これでは引退もやむなしかな、と。
 (ネリの体重管理の失敗はもちろん問題なのだが、私の主たる関心は山中だったので、<ボクサーとしては、このあたりが潮時かな>と感じた時点で、話はそこで終了)。
 (ネリに関しては、今後もこのようなことが続くようなら世界各地で見放されるだろうし、本人(や周囲)の行動が然るべきところ(しかるべきところ)へと導いていくだろう、と)。
posted by らぶらどーる at 02:21| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

TV雑感 『嵐にしやがれ(綾瀬はるか記念館)』『世界の果てまでイッテQ!』『世界一受けたい授業』『さまぁ〜ずのプロ野球ヒーローBEST30』

・『嵐にしやがれ』(2018/02/17放送分)
 現時点では<綾瀬はるか記念館>しか見ていないが(※ほかのパートを見るかは未定)、過去のエピソードに関する部分はなかなか興味深く、いい感じだったのではないかと。
 (※出演作に関しては、個人的には最近は下降線だと思うが)(当人の問題では無く、作品自体の問題)(というか、一見よさそうに見えて(たぶん)会議とかは通りやすいのだろうけれど、実際に作品にしてみると、外れ(はずれ)か水準作にしかならない作品にばかり出演しているような印象)。

・『世界の果てまでイッテQ!』(2018/02/18放送分)
 最初の水増し判明で見る気が失せたので、今後は番組自体、気にかけないことに決定。
 (何回か前の<お祭り男>で、当然のようにルール外のアイテムの使用をねじ込んだあたりで、個人的にはもうアウトだったが)。

・『世界一受けたい授業』(2018/02/17放送分)
 <童謡>のところが、わりとおもしろかった。
 (芸術作品に<人生の哀歓>が含まれているのは当然のことで、ここ2〜30年の日本のほうが異質だと思うけれど)。

・『さまぁ〜ずのプロ野球ヒーローBEST30』(BS日テレ/2018/02/14放送)
 日本テレビ系列だけあって巨人関連の映像やエピソードが多かった印象だが、アプローチ的にはわりとおもしろい。
posted by らぶらどーる at 04:54| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

TV雑感 『アッコにおまかせ!』『ザ!世界仰天ニュース』『カーグラフィックTV』

・『アッコにおまかせ!』(2018/01/28放送分)
 例の成人式の晴れ着の件に関するボード解説のところで、番組準レギュラーの小島瑠璃子が怒りのあまり(?)床を踏みつけていて、<これがほんとの地団駄(じだんだ)(?)>と。

・『ザ!世界仰天ニュース』(2018/01/23放送分)
 スタジオの座りトーク、木村文乃の家族ネタからの一連が、わりと、いい感じ(若槻千夏のエピソードまで含めて)。

・『カーグラフィックTV』(#1620 <混迷のクルマ選び CG Award 2017>)
 雑誌『カーグラフィック』恒例の<CGアウォード>関連回。
 冒頭で説明されていた、選考方式を変更した理由が、なるほど、と。
 (これまでは、選考に当たる各自が候補車に点数をつけてから集計、単純に点数の高い順に順位をつけていたのだが、それだと、<いい車だけど、一番じゃないよね>という車が結果的に1位に選ばれてしまうことがあって。
 なので、今回は点数をつけず、各自が意見を言い合って、議論をして選考を行なうことに)。
 (以下、念のため、補足。
 なぜ、点数をつけて集計すると、<いい車だけど、一番じゃないよね>という車が1位になってしまう可能性があるかというと、<いい車だけど、一番じゃない>というのは、誰が見てもそうな場合が多いから、つけられた点数自体は低いけれど、全員からコンスタントに点が集まる。
 それに対して、<自分的にはこの車が今年の一番だ!>という車は、各自の判断基準などによってまちまちになる場合があるから、つけられた点数自体は高いけれど、集計してみるといろいろな車に分散して、合計値としてはそれほど高くならない場合もあり得る。
 そのような場合に、満遍無くコンスタントに点数を集めたそこそこの車のほうが、合計点的には上に行ってしまうことがある、と。
 で、<CGアウォード>の趣旨というのは、<(選考に当たる人間それぞれに好みはあるだろうけれど)その年の一番の車を選考してみましょう>というところにあるのだから、参加者のほとんどが<ん? いや、この車、悪くは無いけど、どう見ても一番じゃ無かったでしょ>と感じる車が1位になってしまう可能性がある選考方法は本来の目的に合わない、と、そういうことなのではないか、と)。
posted by らぶらどーる at 03:45| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

TV雑感 『世界ラリー in アメトーーク!』『グッと!スポーツ(佐藤琢磨)』『女が女に怒る夜』『東京フレンドパーク2018』

・『世界ラリー in アメトーーク!』
 WRC(世界ラリー)の特集回。
 面白さ、発見、驚き等あって、いい感じだったような。
 個人的には、<ジャンプ>に必要なテクニックの話に、なるほど、と感じた。

・『グッと!スポーツ(佐藤琢磨)』
 昨年のインディ500のチャンピオン、佐藤琢磨が登場。
 ドライビングテクニックの実演(※複数)や、(これまでの)行動に現れる生き方、インディ500優勝時の相棒であるロジャー安川との関係性など、見どころも多く、いい感じの回。

・『女が女に怒る夜』
 TV『ニノさん』の昨年の<女が嫌いな女>の回に似た構成の年末特番。
 個人的な印象としては、中村静香が資格を持っていることを告白するあたりまではよいが、そのあとは、ややトーンダウン、後半の<パパ活>関連は正直、興味が持てなかった。

・『関口宏の東京フレンドパーク2018』
 冬の新ドラマ3作の出演者を迎えて、かつての人気番組が復活。
 全体に、比較的、いい感じの番組で、(くり返し、何度も見たいといったタイプの番組では無いように感じるけれど)、これはこれでアリかと。
posted by らぶらどーる at 00:40| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

TV雑感 『100分de名著(ソラリス)』『カーグラフィックTV(WRC)』『シューイチ(バスツアー)』『ジョブチューン(神社、お寺、教会)』『Perfume × TECHNOLOGY 2017』、他

・『100分de名著』(レム ”ソラリス”)(全4回)
 書籍/SF小説『ソラリス』とは、SFの古典的名作(元々は『ソラリスの陽のもとに』というタイトルで邦訳されており、『ソラリス』は近年の新訳版のタイトル。過去に2度の映画化(共に洋画))。レムは著者名。
 全4回全て見たが、朗読パート(田中哲司&中村優子)、オリジナルの絵画風アニメーション(高橋昂也)、共に、かなり、いい感じ(あと、<語り>(小口貴子)も)。
 (強いて言えば、最終回(第4回)の朗読パートの<束(たば)>と、司会の島津アナの<奇跡>のイントネーションに若干の難あり。また、アニメーション・パートも最終回は、主人公らの表情が、やや、<さわやかな笑顔過ぎる>感も)。
 全4回を通じてのゲストである『ソラリス』の翻訳者、沼野充義や、最終回のゲストであるSF作家の瀬名秀明による解説や解釈等、さらにはそれらから想起された司会の伊集院光のトークの内容も興味深い。

・『カーグラフィックTV』(#1617 WRC2017特集)
 ラリーカーのレースであるWRCを特集。
 雪の中を走るラリーカーには、また別のカッコよさが。
 過去のラリーの映像や、現在のWRCのありように関する情報も興味深い(※一時、商業化に大きく振れるが、現在はWRC本来の魅力への回帰的な傾向も)。

・『シューイチ』(2017/12/24放送分)
 番組レギュラーらによるバスツアーが、いい意味で忘年会的な雰囲気があって、おもしろかった。

・『ジョブチューン』(2017/12/23放送分)
 最後の<(キリスト教の)教会>に関するところが、おもしろかった(クリスマスに関するうんちくや見方、<教会での結婚>に関する情報など)。
 (ほかに神社(神道)、お寺(仏教)についても取り上げられていたが、個人的な面白さは、教会>お寺>神社の順)。

・『Perfume × TECHNOLOGY 2017』(NHK総合 2017/12/21放送)
 難しい話を入れずに、リオ五輪閉会式等に使用されている最先端映像テクノロジーを紹介した番組。
 自身、最先端テクノロジーとのコラボレーションを多数実現しているPerfumeと、Perfumeとのコラボレーションやリオ五輪閉会式の演出等に、技術面で大きく関わっているIT系クリエイターの真鍋大度(まなべ だいと)が出演し、自ら関わったさまざまなシーンに使用されている技術や、その際の苦労などについて紹介している。司会は、俳優のムロツヨシ。
 最初、話が始まるまで、若干、わちゃわちゃするが、進行が始まってからは落ち着いた作り。
 真鍋大度がリアルタイムにこだわる理由なども明かされ、興味深い。
 (2017/12/30の深夜に(=2017/12/31の午前0時10分から)、NHK総合で再放送あり)。

 あと、BS朝日のエンターテインメント系情報番組である『japanぐる〜ヴ』の(主に)映画情報のところを、たまに見ていたり。
 といったところ。
posted by らぶらどーる at 04:02| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

TV雑感 『フォーミュラE 開幕戦&第2戦』『沸騰ワード10(本郷奏多・ガンプラ)』

・『FIA フォーミュラE選手権 開幕戦&第2戦(香港)』(BS日テレ・2017/12/07放送)
 フォーミュラEとは、フォーミュラカー型の(=F1みたいな形の)電気自動車による国際レース。世界中の市街地をコースに、転戦する。
 今期からBS日テレに移っての最初の放送ということもあってか、フォーミュラEのさまざまな特徴や、ガソリンエンジンのフォーミュラカーとのちがいなどについて、放送中に幾度となく触れられており、なかなか興味深かった。

・『沸騰ワード10 航空業界SP』(2017/12/01放送)
 本郷奏多(ほんごう かなた。男性俳優)のガンプラ(ガンダム関連のプラモデル)関連のところが少し、おもしろかった。
posted by らぶらどーる at 06:07| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

TV 最近、印象に残ったTV番組(室屋義秀、年間チャンピオン/プロレス芸人/本田真凛)

・室屋義秀がエアレースの年間世界チャンピオンに輝いた試合
 『エアレース世界選手権2017「最終戦 in インディアナポリス 速報版」』(NHK)と『レッドブル エアレースワールドチャンピオンシップ2017第8戦インディアナポリス』(J SPORTS 3(※無料放送日に視聴))を見たが(※共に同じ試合で、NHKは日本語の実況と解説、J SPORTS 3は共に英語)、どちらも面白い。
 試合内容、展開共にスリリングで緊張感もあり、なかなか、いい感じだった。
 (同じくインディアナポリスで行なわれた今年のインディ500で初優勝した佐藤琢磨が応援に来ていたのも印象的)。

・『日曜もアメトーーク! 2時間スペシャル』(2017/11/05放送分)
 <プロレス芸人>のところだけ見たが、なかなか、いい感じで、録画を何度も見直せる出来(紹介する内容も、いい意味で多彩で、いい感じだった)(驚きや感動(/感慨?)が詰まっているとでも言うか)。

・『フィギュアグランプリシリーズ2017 中国大会 男女フリー』(2017/11/05放送)
 演技後、得点の発表待ちをしている本田真凛が、ファンからもらったぬいぐるみを次々に見せていたところが、ちょっと、おもしろかった。
posted by らぶらどーる at 03:31| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする