2018年05月23日

書籍/漫画簡易感想 『プリンセスメゾン』(第5巻)

 (池辺葵:著 小学館(ビッグ スピリッツ コミックス))

 既刊既読。
 ゆるやかな時の流れの中での変化や触れ合い、感慨など。
 100〜101ページの、冷静に見えつつ、まくしたて、しかも徐々に激して(げきして)いく感じが、少し、おもしろかった。
posted by らぶらどーる at 12:28| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする