2017年07月26日

書籍/漫画関連 『少女マンガ漫画1号館』

 (石子 順:著 清山社)

 1977年初版の、少女漫画の紹介本。

 プロローグ、エピローグ以外に5つのパートに分かれており、それぞれ、里中満智子作品、萩尾望都作品、男性漫画家による少女漫画(手塚治虫、永島慎二、石森章太郎(※当時)、横山光輝、ちばてつや、つのだじろう、巴里夫)、さまざまな少女漫画の登場人物たち(※人名事典的な作り)、少女マンガ10選(の表紙)、といった内容になっている。

 少女漫画黎明期から出版当時までの少女漫画の大まかな流れを知る上でも役に立つし、少女漫画の持ち得る魅力や意義(←というと、おおげさになってしまうが……)、往時の(←昔の、みたいな意味)少女漫画の今とは違う内容に触れることもできる一冊。
posted by らぶらどーる at 03:38| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

書籍/漫画 『黄色い本――ジャック・チボーという名の友人――』(全1巻)感想

 (高野文子:著 講談社(アフタヌーンKCデラックス))

 第7回手塚治虫文化賞・マンガ大賞を受賞した、高野文子による短編集。
 表題作でもある70ページ強の中編と、『CLOUDY WEDNESDAY』『マヨネーズ』『二の二の六』の3編を収録。
 以下ネタバレあり。

 高野文子をきちんと読むのは、個人的に初めて。
 表題作については大体の内容は知っていたが、読んでみると、確かに<本読み>の感覚が随所に感じられる一作。
 (※<本読み>とは<本を日常的に読んできた人>を表現するために考えた(/浮かんだ)言葉なので、一般的な言葉では無いかも知れない)。

 北国に住む日本の女子高生の日常を描いた作品で、ただそこに<図書館で借りた『黄色い本』をてくてくと愛読中>という設定が加わることによって、<本読み>ならではの感覚が加味されて、独自の世界というか、ある意味、オリジナルっぽい存在になっている印象。
 (※『黄色い本』とは、ロジェ・マルタン・デュ・ガール作の書籍/小説『チボー家の人々』(の白水社版)のこと。作中にも『チボー家の人々』の文章が、たびたび、登場する)。

 ひとつ、気になったのは、たぶん、この作品、<本読み>の人が読んだら、10人が10人とも同じ感想を言いそうな気が個人的にはして、悪いということでは無いのだけれど、そういう意味でも独特の作品なのかな、という気がした。

 他の3編も読んではいるが、ここでの感想は割愛(こちらも、悪いということでは無くて、あくまで『黄色い本〜』を読むのが本来の目的だったので)。
posted by らぶらどーる at 02:36| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

書籍/実話漫画 『こんな私がマンガ家に!?』(全1巻)簡易感想

 (青沼貴子:著 イースト・プレス)

 TVアニメ『魔法の妖精ペルシャ』の原作である少女漫画『ペルシャが好き!』や、育児漫画『ママはぽよぽよザウルスがお好き』などで知られる漫画家の青沼貴子が、自身のデビュー前後から、第2子の妊娠に伴って休業し、育児漫画への転身の入り口に立つところまでを描いた(えがいた)実話漫画。以下、ネタバレあり。

 作者のその時々の感情や感性に沿って描かれているので、(いい意味で)すらすら読める。
 編集者等を含めた少女漫画稼業の(当時の?)ノリを知るのに、いいかも。

 (※少女漫画という稼業の、という意味で<少女漫画稼業>と表記しています。念のため)。
posted by らぶらどーる at 19:30| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

音楽/CDシングル 『透明な翼』(大原ゆい子)

 タイトル曲は、TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』の第2クールのエンディングテーマ曲。
 ほかに『ねあと』『ノスタルジア』と、上記3曲のインストゥルメンタルを収録。
 ちなみに作詞・作曲は、全て大原ゆい子。

 現在、BS11で放送中のアニメ・ゲーム系情報番組『アニゲー☆イレブン』の第86回(2017/06/01放送)に出演していて、スタジオライブが少し、印象的だったので、借りてみた。

 曲調は3曲3様(よう)なのだが、それぞれに、いい感じ。
 どちらかというと、くり返し聞くことで、より、しっくりしてくるタイプの楽曲か。
 あと、編曲も3曲とも、いい。

 ジャケット写真については、どちらかというと『アニゲー☆イレブン』出演時の(座りトーク&ライブの)ような感じのほうがいいのでは、という気もした(借りたのは『アニメ盤』)。
posted by らぶらどーる at 20:11| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

TV雑感 『スポーツ酒場”語り亭”「”天才”の育て方」』『プリンスアイスワールド2017 横浜公演』『【バイタルTV】熱烈!昭和歌謡見聞録』

・『スポーツ酒場”語り亭”「”天才”の育て方」』(NHK−BS)
 将棋の藤井聡太四段の連勝記録に関連して、急遽、製作されたものらしい。
 私は、昨日(2017/07/09)あった再放送を見たのだが、なかなか、興味深かった。
 (ゲストは、先ごろ引退した元プロ棋士の加藤一二三氏や、青山学院大学陸上部監督の原晋氏など)。

・『プリンスアイスワールド2017 横浜公演』(2017/05/14放送/BSジャパン)
 町田樹の新プログラムが、恐ろしく素晴らしい(※この場合の『恐ろしく』は『すごく』みたいな意味)。

・『【バイタルTV】熱烈!昭和歌謡見聞録』(2017/07/07放送/BS−TBS)
 (まだ)ちゃんと見れていないのだが、伊藤かずえの右肩の向こうに見える男性が、番組的には少し、邪魔なのでは? と。
 (ご本人がどうのというよりも、映り方/映っていることによる番組(全体の印象)への影響とでもいうか)。
posted by らぶらどーる at 04:52| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

猫に小判

 まあ、ただ、ひとつ前の記事のようなことを紹介しても、上にいる人たちが勘違いしていて、自分たちだけは別枠だ、みたいに考えているところだと、まったく意味は為さない(なさない)だろうとは思うが。
 (要するに、自分たちのことは棚に上げて、<なんだ、あいつらのことはこんな風に扱っておけばよかったのか>、みたいな、ね)。
 (一知半解、猫に小判、等々……)。
posted by らぶらどーる at 12:16| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、印象的だったインタビュー/真田広之(朝日新聞朝刊・be on saturday(※土曜版)/『フロントランナー』)

 朝日新聞朝刊には、土日に別冊版が付いてくる。
 土曜日に付いてくるのは『 be on saturday』という名前で、その1面(と3面)に掲載されているインタビューのタイトルが『フロントランナー』。
 昨日(2017/07/08)の『フロントランナー』で、俳優の真田広之が日本と海外(米・英)の芸能界のちがいについて語っていて、印象的だった。
 映画、芸能界のみならず、(さまざまな職種での)職場のありようというもの自体を考える上でも参考になる内容だったのではないかと。
posted by らぶらどーる at 02:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

photo/CG a dog looking up (garden ornament)

a-dog-looking-up-garden-ornament-by-Raburadohl.png
a dog looking up (garden ornament) by Raburadohl 780x439 retouched with Paint.NET


 garden ornament とは、<庭の置物>のことです。

 PowerShot SX600 HS で撮った写真を、Paint.NET でレタッチしています。
posted by らぶらどーる at 16:06| Photo/CG(写真/お絵描き/CG) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム/PS2 『ドラクエ5』、その後

 以下、ネタバレあり。

 というわけで、一度、ストーリー上のラスボスを倒したあと、隠しダンジョンに潜ってアイテムを手に入れたり、閉ざされた扉の前まで行ったりはしたものの、開ける気は無く、そのまま帰還。

 で、<そういえば、今回、チゾットを(ほぼ)一発でクリアしちゃったから、下りをしっかり探険していないんだった……>と思い出して、普段は控えに回している4名(リンガー/ピエール/スラリン/ベホマン)を先発させて、チゾットを今さらながらの再攻略。
 と、これが意外といい感じで、適度にスリリングな戦いを楽しめる。
 というか、<一体どれだけ、先発組と控え組の差があるんだよ……>という話ではあるのだが。
 ということで、まさに今さら<てんばつの杖>を入手したりして、無事、チゾットも完全探索終了。

 その後は、あちらの世界でぼそぼそとレベル上げなど行なっていたのだが――ダンジョンよりも野外戦のほうがきつい感じがするのは、なぜ?――どうも隠しダンジョンだと、敵の攻撃の関係で殺伐としてくる感じが否めないので、エビルマウンテンの中をうろうろと歩き回る。

 そうこうするうち、ゴレムスのレベルが上限に到達。代わりにギーガを投入して、なんとなくレベル上げを続けている今日このごろだったのでした。
posted by らぶらどーる at 00:42| ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

祝・48万ヒット突破

 先月の段階で、累計48万ヒットを突破していたことが判明。多謝。
 更新回数は先月並みだったものの、なぜかヒット数が3万に増えたので、前回から、わずか、ひと月で、48万ヒットに到達。
 とは言え、ブログ自体は相変わらず、機能してるんだか、してないんだか……といった状態で、まあ、仕方が無いのかな、と。
posted by らぶらどーる at 01:29| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする