2014年08月31日

創作/五七五 夏景色(x3)

 夏の雪 しゃりしゃり甘い かき氷
 薄暗い 空にどっしり 重い雲
 汗が出る 夏再来の 帰り道
posted by らぶらどーる at 16:51| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

どうでもいい独り言

 シロアリにとってはエサ場だからねぇ、別に自分にとっての(シロアリにとっての)家を食いつぶしているわけじゃ、無いんだ……。
 (わぁい、食べ物がいっぱいある♪ と言って食いついたところが、たまたま人間の家の梁(はり)とかだったりするというだけの話で)。

 あと、(言い方が難しいのだけど)<子供は社会のもの>という考え方もある(ので、その家族が行き詰まったからと言ってそれで全てが終わりというわけでも無いし、その家族で何とかできなくなったからと言ってそれで手の施しようが無くなったということでも無い……とわざわざ書く必要も無いかな……)。
posted by らぶらどーる at 20:09| TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独言 technique of the past for limited situation

 結局、<閉鎖された島国の中(限定で)の権力争いのテクニック>だけが残っている、ということなのかな……?
posted by らぶらどーる at 19:48| 片言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

日常 夏でも寒い

 というわけで、一個前の記事にも書いた通り、ちょっと歩いてみたところ、あたりに水気が多いのか、はたまた(こちらの)精神的なものなのか、夏の日中なのに(体が)寒くなって、コンビニに入ってホットコーヒーを購入してみたり。
posted by らぶらどーる at 17:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

創作/詩 不可解な雲

 水気満ちて 太陽遠く
 日は夏にして 薄暮に包まる。
 雲は濃くも無く 薄くも無く
 雨降りて去る雲とは (まるで)ちがうもののよう。
 時過ぎてなお 爪痕深し
 遠方よりの応援 心強し。

     <了>

 (あまり内容にまとまりはありませんが、広島の(豪雨)土砂災害の近く(といっても山肌が遠目に見える程度)を通りかかったので)。
 (タイトルはあまりよくありませんが、これといったものを思いつかなかったので)。
 (なお、本文には書いていませんが、亡くなられた方々のご冥福、行方不明となられた方々の早期発見、そして避難されている方々の負担が一刻も早く軽減されることを願っています)。
posted by らぶらどーる at 19:33| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

創作/詩 水底(みなそこ)の乙女

 湖に沈むは悲しき乙女の御霊(みたま)。
 その悲しみは永遠に(とわに)消えぬ霧を招き
 その心臓から流れ出したる血は湖の畔(ほとり)に赤き花となって現る。

     <了>

 (なんとなく、イギリスの昔の詩っぽい(?)一節(いっせつ)が浮かんだので、書いてみました)。
posted by らぶらどーる at 16:41| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常 ゾロ目……

 今、カウンターを見たら、<22222>だった……。
posted by らぶらどーる at 03:33| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創作/詩 情景

 雨の廊下に人影ふたつ
 仲睦まじく寄り添って
 雨音たちに湿っぽさ
 全てが心地よさの中

 雨の廊下に人影ひとつ
 窓から外を見つめてる
 楽しきこと無き運動場を
 只々そっと見つめてる。

     <了>
posted by らぶらどーる at 03:22| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

創作/詩 灰色迷路

 灰色迷路を ふるふる進む。
 あっちに揺らめく 人の影。
 そろりと近づき 消え去れば
 いつしか辺りも 闇の中。

     <了>

 (※何となく思いついたフレーズを書いたものです)。
posted by らぶらどーる at 15:38| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

創作/詩 ありえないこと

 人生の 残り時間を 数えたら
 マイナスだったよ あゝ 驚いた。

     <了>

 (※当然(?)、フィクションです)。
posted by らぶらどーる at 19:26| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする