2012年05月31日

サッカー パスを主戦にする気なら(2012ACL決勝トーナメント1回戦、日本勢)

 ――ただパス回しの練習をするだけではなく、どんなピッチコンディションでも(=芝、地面、水気等全て)ボールをコントロールできるように練習しないと(コントロールできるようになることを目標とした練習もしないと)苦しいのではないかな、と、日本勢の2012ACL決勝トーナメント1回戦とかを見ていて、思ったのでした。

 (いちおう、名古屋と東京の試合は(BS朝日で)オンタイムでほぼ全部、柏は、放送が深夜で、結果も(放送前に)分かっていたので、現時点では録画をブルーレイレコーダーの<ダイジェスト>機能で見ただけ。
 個人的な印象としては、一番可能性があったのが柏、次が東京で、一番下が名古屋。

 名古屋は、形としては<チャンスをたくさん作った>ということになるのだろうけれど、警戒すべきセットプレーを決められ、さらに(チャンスを作っても)シュートをきちんと当てることのできる選手(できた選手)がほとんどおらず、おまけに後半途中くらいからはチームとしての意思統一がバラバラで、個人の判断の悪さも目立ち、1回戦敗退もやむなしかな、といった内容。

 FC東京はそれに比べると多少はマシな印象だったのだが、やはりこちらも得点のにおいがしないことに変わりは無く。
 それでも名古屋よりは肉薄した印象があったのだが、もうひとつ攻めが、一本の筋というか線としてつながらなかった印象。そのため、最後の最後で合わず、同点に持ち込むことが(/も?)出来なかった。

 柏はダイジェストでしか見ていないのでアレなのだが、強さ的には3チーム中一番、といった印象。見直していないので微妙なのだが、オウンゴールの判定がどうだったか(今、(オウンゴールのシーンと、その後のリプレイを)見直したが、まあ、微妙としか言いようがない。多少、越え気味ではあるようだが)。

 FC東京も柏と同じく、最後まであきらめなかったともいえるのだが(でなければ権田のヘディングとかが生まれるわけがない)、個人的な印象としては、やはり柏のほうが上といった印象でした。

 今回の3試合、合計で[得点2/失点5]、[完封負け:2]、[途中、リードした試合:0]、ということで、打ち合いをするには決定力(得点力)が足りず、カウンターで勝ちをねらえるだけの(90分間(または120分間)通しての)守備力もない。
 勝敗を左右できるだけの何かを持たないと、上に行くのは苦しくなるのではないか。
 (得点力、守備力に限らず、試合運びのうまさとか)。

 で、冒頭の話にもどるのだが、グループワーク(で崩すの)が中心のチームなら、どういう環境・状況でもグループワークで崩せないと困るわけで。<環境が変わっても出来るかどうか>、といった視点が(少し)欠けているかも知れないなあ、と、感じたのでした。
 (環境の中には、ピッチコンディションのみならず、ボールスピードや、相手の当たりの強さ(に対する判定)も含む))。
posted by らぶらどーる at 21:30| サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

微妙に緊張したこと

 なにか飲もう、と、コンビニに入ると、新製品らしいココアが。なんていうのか、アルミ(?)缶なんだけど、ペットボトルみたいに飲み口の部分が細くなっているタイプ。
 少し値段が高めだったのでちょっと迷ったが、とりあえず、ためしに買ってみる。
 で、いざ飲もうとすると、缶に記された注意書きが。

 ……窒素を充填してあるので、こぼれる恐れがあるから、缶を振ったりせず、飲み口の部分を水平にして、ゆっくりと開けてください……?(大意)(うろ覚え)

 ……なんとなく、そう言われると緊張するもので、開けた瞬間、こぼれ出したりした場合のために、手の位置とか微妙に調整してみたり。

 結果、何てことはなく、普通に飲めたのだが、ただココアを飲むだけなのに、なぜだか微妙に緊張してしまったある日の午後、だったのでした。
posted by らぶらどーる at 14:31| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

WCCF いいんだか、悪いんだか(赤平チーム)

 赤平チームで、8試合。全てCOM戦。

 行ってみると、大画面ではベストイレブンの発表中。データボタンでスケジュールを確認すると、RLが1試合あって、続いてCT。
 これは、前回で参加資格を得たCTに無謀な挑戦をする流れだな、と両替に行き、もどってみると、CT1回戦1試合目の登録終了まで、あと7秒。
 ……どうやら、さっきのは、RLが終了したあとのベストイレブン発表で(つまりは、あの時点でCTのエントリー受付中)、なぜだかスケジュールの書き換えが遅れていた模様(それとも、こういう仕様だったっけ……? だとしてもまぎらわしくて分かりづらいから、試合が終了したら即、スケジュール表示のほうも変更してほしいものだ)。
 と嘆いても今さらどうしようもなく、FMざんまいに突入決定。

 かなりトホホ感漂う中で最初のFMを終え、排出パックを開けてみると、こ、この輝きは……
 ――ATLEフェルナンド・コウト参上!
 まさかの2回連続1クレ目ATLE引き(前回は、ディ・マッテオ)。

 これで機嫌を直すも、続くチャレンジマッチでは、異様に動きのいいスペイン系のゴーストチーム相手に、1−5だったかで大敗。それでも個人☆が覚醒するアフェライ。まさにチャレンジマッチさまさま。

 ちなみにこの日のFMでは、レティジとピケも個人☆が覚醒し、これで個人☆覚醒が3人となった(の割には、プレーぶりに変化が見られないのはなぜ?)。

 で、この日唯一の公式戦、PDx2では、1勝1敗。3節終わって、首位をキープ。とはいうものの、優勝までは、まだまだ……。

 引きは、最初以外はふるわず、白黒のみの、ダブりが6枚。全体に、よかったような、悪かったような、8試合だったのでした。
posted by らぶらどーる at 14:15| WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

日本企業の駄目パターン?(雑誌『サッカーダイジェスト』2012/05/08号)

 雑誌『サッカーダイジェスト』2012/05/08号に、<[監督とお金の話]特別対談>と題して、共にJリーグで監督経験のある清水秀彦氏と柱谷幸一氏の対談が掲載されていたのだが、そこで両氏共に語っていたのが、以下のようなこと。

 両氏共に、(監督時代に)下部リーグから上のリーグにチームを昇格させた経験を持つのだが、チームが上のリーグに上がると、急に(それまで自分が持っていた)チームの編成権を取り上げられてしまい、それまでとはちがって、サッカーにくわしくない人が、チームに関する決定権を持つようになってしまう、と。そうなるとチームを掌握できなくなって、お手上げにならざるを得ない、とのこと。

 清水氏いわく、

 (前略)勝てるようになってクラブにお金が入ってくると、なぜか現場を知らないスタッフが介入してくる。それでダメになるケースを何度も見てきた。(24ページ)

 で、ここからは対談に出てきたことではなく、こちらが勝手に思ったことなのだが。
 こういったことって、サッカー以外の日本企業でも、普通に起こりえることではないか、と。

 最初は、資金的に恵まれない中で、その分野にくわしく、アイデアを持った人が、新たな試みや基盤の整備などを行なって、ある程度の成功を収める。
 ところが、モノになって、関連するお金の額が増えてくると、なんやかんやと理由をつけて、それまで全く関係なかった人が顔を出してきて、実権を奪ってしまう。
 しかし、その人は、それまでの経緯も知らず、やっている内容にもくわしくない。それで実権を握って指図をするわけだから、当然、うまく行くわけがない。結果、それまでうまく行っていたことも立ち消えとなって空中分解を起こし、その企業なりは、新たな企業の柱となりえたものを、モノにならないうちに、失ってしまう、と。
posted by らぶらどーる at 18:50| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創作/詩 今は5月?

 窓を開けても 風は無く。
 室内気温は 30度。
 クーラーつけるの 気が引けて
 紙でパタパタ 扇ぐ日々。

     <了>

 (※扇ぐ=あおぐ)。
posted by らぶらどーる at 17:30| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

独言

 何かのフリをして箔(はく)をつけるようなことは、しないほうがよい。
posted by らぶらどーる at 19:41| 片言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

たとえば、こんな<多人数ザコ相手の殺陣>

 映画『仮面ライダーX仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』(長い……)をDVDレンタルで見ていて、何となく思いついたこと。

 戦っている者の(その場面での)意志の強さ(=何が何でも○○を成し遂げてやるぜ!)や、そのもの自身が持っている強さ(=格のちがい)を表現するために、

「おおっ、ものすごい速さでザコが減っていく!」

 みたいな殺陣もあっていいのかな、と。
 (要するに、物理的に相手を倒していくペースが速いので、たとえば最初は20人いたザコが、あっという間に16人、10人、4人、0、みたいに減っていく、とか)。
 (見た目=人数が減るペースで強さとかを表現するとでもいうか)。
 (あんまり多用しすぎると、陳腐になってしまう可能性も)。
posted by らぶらどーる at 21:40| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

WCCF PD残留への挑戦(赤平チーム)

 赤平チームで、8試合。

 続けるかどうか迷っていた赤平チームだったが、とりあえずPDを最終節までやってみて、落ちるなら落ちるでいいや、と覚悟を決めてゲームセンターへ。

 行くと、ほかは1人だけで、CSCの真っ最中。
 これは、チーム初のICC挑戦をしつつ、PDを終了する流れだな、と、さっそくエントリー。

 ところがCSC終了後に大画面のスケジュールを見てみると、なんとICC非開催のターンで、PDx2のあとはそのままPSCに突入する流れ。

 ぬあー、と思いつつも、すでにエントリーしているので、そのままプレイ。

 前回で7位に転落したPDは、第5節、第6節を1勝1分けで乗り切って、4位に浮上。
 しかし恐ろしいことに、こちらは勝ち点8の4位、すぐ下の5、6、7位が全て勝ち点7と、勝ち点差1で3チームが下に控えるという危機的状況。
 引き分けでも降格の可能性があるということで、なかなか難しい試合になりそうな予感。

 続くPSCは、もう1人エントリーしていたが、あちらの山なので、決勝まで当たらない。
 1回戦、準決勝と順調に勝利して、無事、決勝進出。
 特に準決勝は、試合終了間際にS.ナカムラに直接FKをねじ込まれたものの、それまでに大差をつけており、5−1での勝利。しかし、同じく決勝進出したあちらのチームは5−0と圧勝しているので、ややこちらが不利か。

 てなわけで迎えた決勝の相手は、ユベントス系の4−3−1−2で、たしかデル・ピエロとクアリラレッラの2トップ。称号は<大参謀>だったか。
 この試合、どうもこちらの動きが不自然によく。
 ロナウジーニョが前半から、相手をかわしまくってアシストをしまくり、あっという間に3−0。
 後半もその勢いは衰えを知らず、さらに2点を加えて5−0での圧勝。2戦連続の大量得点で、このチームでのPSC初制覇を飾った。

 とはいいつつも、この日のメインイベントは、次に控えるPD最終節。
 迎えた最終戦の相手は、対人戦で、先ほどのPSC決勝と同チーム。
 (よく覚えていないのだが、先ほどのはゴーストチームだったのだろうか? たしか決勝の試合前の表示で<大参謀>って表示されてたと思うのだけど、COMチームでも監督称号って、ついたっけ?)。
 ま、それはともかく、先ほどのような不自然なまでの好調さはさすがになく、一進一退というか、普通にやりあう展開。
 結果、こちらが先制するも追いつかれ、1−1の引き分け。これは、(残留できたかどうか)、微妙だ……。
 ――画面に現れた表示は4位。
 奇跡的に下位3チームが全て引き分け以下に終わったらしく、(すでに優勝の可能性が消えていた状況としては)、考えられる最高の結果となった(もちろん3位のほうが上なのだけど、4位でもCCとCTの出場条件は得られるので、大差はない)。

 続いてのPD2周目の初戦は勝ち、この日の最終戦となったFMでは、ブムソンとビルトールが、無事、黄金連携に到達。

 おまけに引きが――
 この日の1枚目、いつものように裏面から開けて名前をちらと確認しつつ、<ディ・マッテオか……どこのチームだっけ……>、などと思っていると、なんとATLE。
 (ATLEにディ・マッテオがいるというのを、なぜだかすっかり忘れてしまっていた)。
 10-11になってからのATLEの初引きということで、(どうせKOLEとかは引けると思っていないので)、一応カードの引きとしては、心残りは無くなった。
 他は白黒のみで、ダブりが4枚。しかしダブりのほうも、エジル、スコールズと引けたので、まあいいかな、と。

 全体に、非常にいい結果となった、8試合だったのでした。
posted by らぶらどーる at 17:45| WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WCCF 突然の惨状(赤平チーム) 追記

【ゲーム的事情】
 このゲームをやっている人なら分かると思うけど、いちおう書いておくと、このWCCFというゲーム、ときおり、相手が異常に強くなったり、こっちが異様にもろくなったりということが普通に起きて。
 これはある種、このゲームの癖とでもいうべきものなのだが、ゲームというものは現実世界ではなくて、コンピューター上で展開されているものだから、ある状態になると、打つ手無し、ということにも、簡単になりうる。
 打つ手無しとか言っているのはそういうことで(まあ、こちらも遊びでやっているのだから、そこまでむきになってどうこうというのは、そのときのこちらの気分次第)、別に現実世界で通じる(/現実世界に応用可能な)話ではない。

【得点パターンの増加】
 結果はふるわないが、得点パターンは地味に増加中。
 (ビルトールのカットインからの<ワイドシュート>(サイドの角度のないところからのシュートだが、英語でもこういう言い方をするの?  って言ったら、枠を外れたシュートのことだと思うんだけど)とか、サイドで作っている間にアンカーのバタグリアがゴール前まで上がってきて、クロスを受けて決める、とか)。

【私のチームでは初期キャプテンは活躍しない!? というジンクス】
 さすがにぼちぼちと、いろんな選手のKP戦術がBランクへと上がる中で、チームキャプテンでもあるレティジの<シュートセービング>は、頑なに(かたくなに)Cランクのまま……。
 以前のスペイン系チームでも、キャプテンとなったSPSシャビが最後までふるわなかったりとかいうように、ひょっとして私のチームでは、最初に自動設定で決まったキャプテンとは相性が悪かったりするのだろうか……。

【センターバックが決まらない】
 1人はピケで確定なのだが、もう1人がどうも……。
 サルシド、ゴディン、ブムソンといるけれど、全員、試合によって出来不出来が激しく、レギュラーを任せるには至らず。
 サルシドを白にして、ブムソンを黒に上げるとか、ピケを手持ちの綺羅にするとか、手はあるけれど、さて、どうしたものか……。
 (まあ、もし、次回で(このチームを)やめるのなら、気にすることも無いのだけれど……)。
posted by らぶらどーる at 02:23| WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

サッカー 1988フランスW杯アジア最終予選アウェーの韓国戦に思うこと

 この試合は状況的に特殊な試合で。
 日本と韓国が同組に振り分けられるという状況だったのだが、日本は途中で失速し、韓国は早々とW杯出場を決定。
 すると韓国国内で、次の2002年のW杯は日本も開催するのだから、日本のことを考えると、日本もW杯に行ってもらった方がいいのではないか、みたいな話が出てきて。
 で、日本としては絶対に勝たないと困るアウェーの韓国戦を迎えるのだが、当時の韓国代表の監督がのちに明らかにしたところによると、試合の前に韓国のロッカールームにわざわざ韓国側のお偉いさんが来て、別に日本に勝たなくてもいいんじゃない? みたいなことを笑いながら言った、とかいう話が。
 で、結果、日本が勝利して、その後のアジア第3代表決定戦、そして初のW杯出場決定へとつながっていくわけなのだが。
 で、まあ、ここからくみ取れる教訓としては、

・W杯においては、いろんな特殊な状況が起こり得ること
・それは、場合によっては、こちらに有利に見えるものかもしれないこと
・しかし、たとえそうであったとしても(有利に働くものであったとしても)、それで期待できるのは(相手がプレゼントしてくれる可能性があるのは)、せいぜい引き分けまで。
・もし、どうしても勝ち点3が必要な状況であれば、たとえ相手がどうであれ、自分たちの力で勝ち点3をつかみとるしかない
(・もしそれでつかめないのであれば、それは、自分たちがW杯に行く資格がなかったということ)

 てなことが言えるのかな、と、個人的には思うのでした。
posted by らぶらどーる at 04:44| サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする