2010年07月31日

サッカー 偶然か必然か、よりも

 木崎伸也氏の著書『世界は日本サッカーをどう報じたか』(新書。ベストセラーズ刊)をすこし立ち読み。南アフリカW杯の日本代表に関する世界各国の報道やTV中継の実況内容などをまとめたりしてある。
 たしかそのなかにあったと思うのだが、カメルーン戦の日本の得点について、ある国では必然と言い、ある国では偶然と言っていたという(たぶん、この本で読んだと思うのだが、かんちがいなら申し訳ない)。

 で、私個人としては、必然に近いものだとは思うのだが、それよりも、必然か偶然かという区分けは、そんなに重要ではないように思う。

 それよりも、重要なのはむしろ、各プレーの中に、サッカーのインテリジェンスやアイディア、闘志等が込められているかどうか、そして、それがその場面・瞬間にふさわしいものであるか、なのではないか。

 たとえばカメルーン戦の得点でいえば、右足でクロスを上げずに切り返したのは松井のインテリジェンスでありアイディアでもあり、そしてその行動は、あの場面だからうまく行った、ともいえるのである。
 大久保が相手CBの位置に詰めるのは監督に言われていたことでもあり、しかしただ行くだけではタイミング等の関係があるから必ずあのように相手DFが引きつけられるとはいえず、そこにはやっぱり、大久保のシュートへの意識が、相手DFに大久保をケアさせたところがあると思う。本田の回り込みにしても然り(しかり)、である。

 サッカーにおいてプレーが成立するか否かには、さまざまな要素が複雑にからみ合い、ベストのプレーを選択したとしても、必ずうまく行くとは限らない。だから偶然か必然かを気にするよりも、場面場面のプレーに知性や閃き(ひらめき)が含まれているか、そしてそれはその場面において適切なものだったのかどうか(適切=無難、ということではない)、それに加えて、それは本人の力を最大限に発揮できるものだったのかどうか、そういったことの方をより重視した方がよいのでは、なんて、個人的には思うのである。

 (ただ漠然とやっていて、たまたまシュートチャンスが舞い込んで得点になった場合には、偶発的なものといってさしつかえないとは思う。ただこれも、(はたから)見ていただけでは、本当に漫然とやっていたのかどうか、見誤る場合がある)。
posted by らぶらどーる at 18:10| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

ゲーム 久々にBBH(その2)

 (その1の続き)

 こちらの後攻で始まった試合、ルイスは球威があるからと<ストライク先行>でバンバン投げさせると、相手は凡打の山。
 その裏、ヒット、フォアボールから送りバントを成功させると、あとは何もしないのに連打がつながって、1回の裏で早くも4得点。
 その後もルイスの好投は続き、味方は一転、凡退続きも、4回に再び集中打が出て、6−0。
 ……と、4回終了時点で、対戦相手がコンティニューを放棄。CPU戦に切り替わった。
 まあ別にいいや(相手もショックだったのかもしれないし)。でも、相手の先発が藤原紘通だったんだけど……(私はパリーグにくわしくないので、あんまり知らないピッチャー)――やっぱり、楽天のファンだったのかな?(ほかもたぶん、全員楽天の選手だったし)。

 その後は<ストライク優先>+<アウトカウント重視>でルイスを続投させつつ、攻めではサインを出してみたり(ほぼ失敗だけど)。

 結果、ルイスは悠々の完封(被安打6、奪三振9)、打線は13安打で6得点(結局、CPUからは点は取れなかった)。ヒーローインタビューは、完封のルイスと全打席ヒット(だったらしい。知らなかった)のシーボル。

 あとは排出カードを2枚開いて――1枚目が銀縁に見えたからもしや、と思ったら、単に白カードの枠が照明で光って見えただけだった(この店、照明が暗くしてあるので、光具合が目立つのだ)。
 で、2枚目を開くと――あれ? 裏面がさっきとちがうぞ……?
 ――GR杉内、登場!

 ――って、どのくらいのカードかは知らないんだけど、BBH2009初引きで綺羅っていうのは、これはこれでめでたい。
 試合にも勝ったし、いい感じの日だったのでした。
posted by らぶらどーる at 15:59| 広島 | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム 久々にBBH(その1)

 WCCFの新チーム案も、現チームの手直し案ももうひとつまとまらないので、思い切って別のゲームをしに行くことに。

 最近あんまり行ってなかったゲーセンで、まず行ってみたのはセガの競馬ゲーム(『Star Horse 2』……だっけ?)。
 いちおうパンフレットを手にとってみたものの、今一、気が乗らないので、パス。

 次に、以前何度かやったことのある野球のゲーム、『ベースボールヒーローズ』。最新版(?)の『2009』が入っているようだ。

 こちらも微妙ながら、とりあえず500円玉を両替して、もう一度台をよく見てみると、そのゲーセンの開店何周年記念かで、通常フルイニング400円のところ、300円になっている。
 これはやるしか、ということで、さっそくプレイ。
 (カード(e-pass)は買わず、そのままのプレイ)。

 チーム選択でカープを選んで、オープン戦を選んで――オープン戦を選んだところで、下にCPU戦があるのに気づくもあとの祭り――まあ、オープン戦(全国通信対戦)でもいいや――で、メンバーを見てみると、昨シーズンの面子らしい。先発を前田(健)かルイスかで悩んだが、昨年のデータならルイスの方が上だろうと、ルイスを選択。あとはスタメンの石原を倉に代えて、いざ対戦開始。
 相手は楽天、監督のグラフィックもブラウン監督っぽい。東北の店舗だったようなので、やはり楽天のファンなのだろうか?(級は3級。無印のこちらが9級。どのくらいのちがいがあるのかは……さっぱり分からないけど、別にいいや)。

 (その2に続く)
posted by らぶらどーる at 15:52| 広島 | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

サイクリック宇宙論

 書籍『サイクリック宇宙論―ビッグ・バンモデルを超える究極の理論』(ポール・J・スタインハート&ニール・トゥロック:著 早川書房:刊)を本屋で(すこし)立ち読み。

 要するに、宇宙生成に関する新理論というわけで、内容の正確さや妥当性は(素人の私には)不明だが、発想としては非常におもしろい。

 今現在メジャーなのは、ビッグ・バンという考え方。
 宇宙の始まりの時に大爆発があって――という発想。

 それに対してサイクリック宇宙論の方は、宇宙は、始まりから終わりに至る一連のサイクルを繰り返している、というもの。
 ただし、まったく同じ繰り返しではなく、各繰り返しのなかで、若干の差異はある、と。

 完全につながるわけではないのだが、漫画『銀河鉄道999』等で有名な漫画家・松本零士の発想にもどことなく似通っているものを感じて、すこし面白かった。

 (あ、本自体はたぶん、ある程度の知識がないと読むのが大変なところが多いと思います、念のため)(別に私に知識があるというわけではなく、分かりそうなところを拾い読みしただけなので、なんともいえませんが)。
posted by らぶらどーる at 12:02| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム いまごろ『サカつく2002』

 最近、中古ゲームのワゴンセールを見かけるたびに、『サカつく2002』が気になっていたのだが、なんだかもうひとつ気が乗らず、買わないでいたところ、<あれ? ひょっとして、前にも中古買った事、ない?(で、そのまま売らずに、家に残ってない?)>という気がふとして、部屋の平積みゲームをがさごそしてみたところ――ありました、『サカつく2002』。かなり安くなっているとはいえ、買わなくてよかった。

 で、さっそく、久々にプレー。
 新チームの本拠地は、最近水害に見舞われた広島は庄原にして、チーム名は庄原アウローラ(たしか、あけぼの、とかって意味)。
 で、初期メンバーを確認して(バッカラがいるチーム)、フォーメーションを4−4−2にして、いざJ2から始めたのだが――

 まあ、勝てない。
 毎試合のように退場者を出して、あっという間に1勝17敗1分けとか。
 メンバーも、有名選手ではないが、3人ほど補強しているのに、まったく結果が出ない。
 1年目はどんな成績でもゲームオーバーにならないとはいえ、いくらなんでもひどすぎる。こんなに難しかったっけ?

 と思ってふとフォーメーションをいじってみると――なんとこのチーム(というか先発メンバー)、3−5−2向きの選手たちだったのだ。しばらくWCCFしかやってないから、最初からフォーメーションごとに理解度がちがっているのを忘れていた。
 で、3−5−2で再開して、残り試合は五分五分ペース。ここまで露骨に変わるかね?

 2年目に入り、ボランチがほしいな、と思っていたところ、シーズン前に獲得リストに森崎(和)が載ったので、さっそく契約。順調に戦って、無事2位で昇格決定。現在3年目を戦っているところなのでした(ファーストステージ12位)。

 試合はほとんど見ていないのであれだが、ぼちぼちやるにはいいゲーム、かな?
 (ちなみに『サカつく』は、サターン版の『2』がいちばん好き)。
posted by らぶらどーる at 11:48| 広島 | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泳ぐ蛇

 炎天下の中、よく通る橋の上から川面を見下ろしつつ歩いていると、水面になにやら、にゅるにゅるっ、とうごめくものが。
 足を止めてじっくり見てみると、どうやら蛇らしい。
 茶色の蛇が、別に川を渡っているわけではなく、川べりに程近い水面を、流れに逆らって、上流に向かって泳いでいる。
 というか、上流に向かって進んでいるわけではなくて、ほぼその場で流れに逆らって泳ぎ続けているだけなのだが。
 ……一体、何をしていたのだろう?(水浴びかな?)
 どっちにしろ、その川で蛇が泳ぐのを見たのは、初めてであった。
posted by らぶらどーる at 11:36| 広島 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

WCCF 最近は綺羅がよく出るの?

 テヘラン・チームとホンダ・チームで計12クレ。

 テヘランはFWにWWFマキシ・ロドリゲス、司令塔に黒ファン・デル・ファールトを投入するも、結果はあまり変わらず。RL1x1(1敗)、FMx1でホンダ・チームに変更。

 ホンダ・チームは、ホンダ・チームとは名ばかりのメンバー変更。
 スタメンの司令塔は不動のグラシアン、STアデバヨールの相方に黒ビージャを投入し、GKフェリペ、控えFWにアデバヨールの代役ジギッチを入れて、グラシアンの控えにホンダ。
 アデバヨールとビージャのコンビはそこそこよいが、どっちかというとジギッチの方がビージャには合ってるなあ、などと思いつつ、のんびりRL2をやっていると、ついに最終戦。
 念のためにリーグ表を確認してみると、勝ち点14でトップながら、勝ち点13の2位が2チーム。下手をすると引き分けでも3位に転落という緊急事態。
 これはまずい、ということで、あわててベストメンバーに入れ替え直した最終戦は、どうも動きが合わず、時間だけが過ぎていく展開。
 なんとしても勝たなくては! ということで、試したことのないゼ・ロベルトの司令塔、そして途中投入のホンダを左FWに入れると、終了間際、ボールを受けたホンダが左に流れてクロス、ファーでアデバヨールが高空ヘッド! 見事、決勝点を叩き込んだ。

 それはそうと、2枚目でWGKファン・デル・サールを獲得。これで、08-09になってからの200クレ強で綺羅4枚と、一応、確率としては妥当な線にもどった。
 ファン・デル・サールはフェリペに替えてさっそく起用。これでU-5Rになってしまったが、まあ、いいや。

 ちなみにホンダが、個人☆覚醒。
 覚醒させようとしたFMで、シュートを2本くらい蹴りそこねて結局無得点に終わり、これは覚醒は無理かと思ったが、なんとか覚醒してくれた(伸びたのはオフェンス)。
 相変わらず立場は控えの予定なのだが、出て行くとか言わないでくれると助かるな……(ま、リアルでは、いいところがあったら行ってほしいものだけれども)。

 そういえば、EPCとかに参加して、CPU相手に一回戦負けを食らったような気がするが……。RL1に昇格しちゃったから、次からはリーグ戦もカップ戦も勝てなくなるのかなあ……?
posted by らぶらどーる at 19:26| 広島 | WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

形が無さ過ぎると……

 形が在り過ぎると何も宿れないが、
 形が無さ過ぎると存在できなくなる。
 そして変化(へんげ)に呑み込まれて、なくなってしまう。

 (のでは?)

 (なんてことを、天才と呼ばれたアニメーション作家ライアン・ラーキンの短編アニメ『ストリート・ミュージック』(DVD『ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション』収録)を見ながらなんとなく思ったのでした(彼の運命を知っているから、予断が含まれているかも知れないが)。
 (『ストリート・ミュージック』を見て感じたのは、<先のない上手さ(うまさ)>なのでした)。
posted by らぶらどーる at 18:57| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

WCCF FWホンダ、をやってみた

 完全新規チームで、FWホンダをやってみた。

4-4-2ダイヤモンド(ver.表記無しは08-09)

GK:カランタ
DF:A.ロペス/パレッタ07-08/カセレス/クロンカンプ
DH:ジェンバジェンバ04-05
SH:ゼ・ロベルト/ハセベ07-08
OH:グラシアン
ST:アデバヨール07-08
FT:ホンダ07-08

控え:ペレア/バイーア/ゼ・ルイス/モリモト07-08/スアレス

 やってみると、立ち上げ当初は意外と楽しく、あとになるにつれて苦しくなってくる(全14クレ)。

 グラシアンの司令塔、アデバヨールの下がってつなぎ+突破+ラストパス、が意外といい感じ。DFや中盤の上がりも結構、いい。
 ゼロからの立ち上げチームということもあるのか、対戦相手も弱く、ホンダがフリーになってはバシバシ決める。非常に楽しい展開。

 ただ、だんだんと苦しくなってきて、10クレ過ぎるあたりから、やや苦戦気味。最終的には、ずっとやるチームでもないかな、と。

 以下、選手インプレ。

・カランタ
 以前も使ったが、安定している。

・A.ロペス
 前に出てのボールスティールからの攻めあがりも、結構いい。

・パレッタ
 空中戦専用ではなく、意外と信頼できる。

・カセレス
 前に出てボールを奪いたがるが、危険というほどではない。

・クロンカンプ
 優秀なDF。カバーも悪くない。

・ジェンバジェンバ
 安定したボール奪取。

・ゼ・ロベルト
 つなぎの判断がやや遅いか?

・ハセベ
 ちょっと遅れ気味だが、機能型。

・グラシアン
 テクニカルな司令塔。パサー。浮き球ラストパスとか。

・アデバヨール
 ポストに下がってきて、はたいたり、自分で突破したり。

・ホンダ
 相手のレベルが低いと、ゴール前でフリーになってボールを受けてシュート、ゴール。個人☆の付きも速く、ミドルシュートが強烈になってくる(要・選択肢?)。

・ペレア
 少ししか使わなかったが、まあまあな印象。

・バイーア
 前に出てタックルをスカされることが。KPパワープレイは今回は不発だった。

・ゼ・ルイス
 DH/SHで使用。よく動き、よく奪い、よくボールにからむ。

・モリモト
 ほとんどいいところがなかった。

・スアレス
 このチームではもうひとつ。あくまでウイングなのか?
posted by らぶらどーる at 17:27| 広島 | WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

WCCF ガタガタ……

 テヘラン・チームで6クレ。

 攻撃力強化のため、ピレスを08-09白から04-05黒に。さらにデル・ピエロ08-09黒を投入。司令塔を強化して、2トップの連携で戦力アップといきたいところだったが……。

 初戦はRL1。ピレス、デル・ピエロ共に散々な出来で、攻撃にならず。0−1の負け。

 あまりにひどいパフォーマンスに、ピレスを白に戻し、可能性をまったく感じなかったデル・ピエロをはずす(代わりはとりあえずビセスワル08-09白)。

 続いてRL1をもう1試合。
 メンバーを戻したにもかかわらず、状態は最悪。前回までのつながりとか、何にもない状態で、まさにW杯前の韓国戦状態。0−2だか0−3だかで、負け。

 これでRL1は開幕3連敗。早くも降格が見えてきて、それは別にいいのだけど、やっていて自分が操作している手応え・実感に欠けるのが困る。それがないと、やっててつまらないよ〜。

 と言いつつW4。
 台には他に誰もいないのでチャンス! と思いきや、不調は未だに引きずったまま。
 連携つなごうが、パス練習しようが、関係なし。
 0−0、0−0と来て、内容のまるでない0−2(だったか?)で敗退。

 最後のFMx1はさすがに勝ったが、なんというか、手のほどこしようがない状態。

 どうしたものかと思いつつ、最後の排出パックを手に取ると、デッキケースキャンペーンのシールが貼ってある。
 不幸中の幸い、これで7枚そろった。
 カードが入ったままだとはがしにくいので、先にパックを開けておく。
 赤紫の枠――WWFマキシ・ロドリゲス参上!

 ……不幸中の幸い、2連発だ……。

 デッキケースの方は、この時期になるともう、南アフリカしか残っていない。しかし、一般にはハズレ扱いであろうこのケース、私にとっては、そうハズレでもない。
 なぜならケースに描かれているピーナール、私が初めてICCを取った時のレギュラーなのだ!

 というわけで、最悪の試合内容ながら、最後で帳尻が合ったような合わないような、そんな一日なのでした。
posted by らぶらどーる at 20:45| 広島 | WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする