2010年06月30日

サッカー 決勝トーナメント雑感

 見たりした試合についてだけ、すこし。

【ウルグアイ対韓国】
 FWの決定力の差が、勝敗を分けた。
 ともに1点目は相手のディフェンスに難があってのもの。
 その後の展開で、韓国のFWも惜しいシュートは何本も放ったのだが、結局は一発にやられてしまった。

【アメリカ対ガーナ】
 ガーナの得点は2点とも、「おいおい、そのまま入っちゃうの?(行けちゃうの?)」という感じのもの。アフリカ的な身体能力の優位性を生かすとそうなるのかな、と。
 ギャンの決勝点は、昨年の対戦で日本がやられたのと同系。おそらく得意なパターンなのだろう。

【ドイツ対イングランド】
 最初から緩慢なイングランドの守備。中盤のマークの受け渡しも、とにかくトロくて、ついていけていない。
 それでも烈火の如き反撃に出たが、誤審によって流れを止められてしまい、万事窮す。
 同点に追いついていれば、若いドイツが動揺する可能性もあったが、1−2のまま流れが落ち着けば、あとに残るのは、緩慢なままのイングランドの守備。
 イングランド、FWがルーニーしかいないのがつらい。
 どうせなら日本と同じような形(使い方)にした方がよかったのではないか?
 エジルは初めて見たが、確かにいい選手。

【オランダ対スロバキア】
 オランダ、そんなに強いといった印象はない。ただ、(単なる印象なのだが)、自分たちはそんなに強くない、ということを認識した上で試合を進めているように感じた。
 2得点はともに相手GKに難があったように思う(1点目でも、ロッベンのシュートの直前、前に動いている)。
 (スロバキアのPKは、見ていないので、パス)。

【ブラジル対チリ】
 ちょっとしか見ていないが、まあ、つまらない試合。
 ブラジルに関しては、(きつい言い方になるのを承知であえて言わせてもらうが)、トロフィーを集めることしか考えていないとこうなる、という好例である。

【トロフィー・コレクターの見分け方】
 ちょっと話ははずれるが、書いておく。

 「(××という事情があったから、)この大会、今後の試合は一切なしで、君たちの優勝に決定!」
 といわれたときに、大喜びするのは、トロフィーさえ手に入ればいいという、トロフィー・コレクター。
posted by らぶらどーる at 02:59| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー next for Japan

 (あんまりまとまってないのだが、とりあえず、書いておく)

 サッカーの男子日本代表が、W杯の決勝トーナメント1回戦で、PK戦の末、敗れた。

 選手たちは全力を尽くした。
 それを踏まえた上で、今後の日本代表(/日本サッカー)に向けて。

 今後の課題としては、(もちろん守備力ももっと上がればそれが一番いいのだが)、攻撃力の向上、というのが一番に挙げられると思う。
 もちろんコンビネーションでの崩しも大事だが、個人の攻撃力(の高さ)やその豊富さ(攻撃において、いろんな特徴を持った選手がいるということ)も重要なように思う。

 今回の代表についてひとつ言うとすれば、やはり人選にやや問題があった。
 これは、守備重視への変更(の決断)が遅くなったことが原因ではあるのだが、もしこのやり方をするのであれば、正直、内田や中村(俊)に替えて、石川(直)や香川だろう。
 (もちろん、急な予定変更にもかかわらず、腐らず、チームのために献身的に尽くした内田、中村(俊)を批判しているわけではない。あくまで、ねらいに即したメンバー構成としての話である)。

 みんなで体を投げ出してでもしのぎ切って、相手を0点におさえる、というのは、ひとつのジャパン・スタイルとして確立しえたのでは、と思う(その根本にあるのは献身性と集中力の持続、そしてもちろん、基本に忠実でしっかりとした守備、である)。
 ただ、0点はどこまで行っても0点。0点に抑え続ければ、ボーナス点が入るというわけではない。
 どこかで、プラスの得点を入れる必要がある。つまり、ゴールを決めることによって、上積み型のゲーム(スタイル)へと、スタイルがシフト(/進化)する。
 日本にとってのネクストステージは、失点の可能性をふさいだ上での、加算型チームへのスタイルチェンジ、といったところのように思う。

 もちろん、守備の整備・強化も急務である。中澤に、いつまでも頼り切るわけには行かない。
 今大会で見せた、しっかりとした守備力の上に、同じような守備力を持った相手からも得点を奪える加算型/上積み型のチームへと、さらなる進化・成長を遂げていってほしい。個人的には、そう思うのでした。

 もちろん、直(ちょく)のアタッカー(の成長や登場)だけでは駄目で、中村(憲)のような選手との連携が大事になってはくるのだが。
posted by らぶらどーる at 02:39| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

特撮 『ゴセイジャー』を見ていて思いついたこと

 現在放送中の戦隊物『天装戦隊ゴセイジャー』。
 一応、今のところ、全話見ているのだが、特に番組感想というわけではなく、見ていてなんとなく思いついたことなど。

【中国系アクション】
 一応、主人公たちはこの星(=地球)を守る天使という設定なのだが、アクションとしては中国武術系(いわゆるカンフー)。
 で、思うのだが、なぜに日本では中国武術系のアクションはマイナーなのだろう、と。
 で、なんとなく思うのは、日本の(フィクションの中での?)武道に対する感覚と、異なるところがあるのかな、と。

 日本の感覚の中にはどこか、<剣は人なり>というか、<正義の刃(やいば)は悪の刃とはちがう!>みたいな感覚があるのでは、と思う(思ってるだけだが)。
 一方、中国武術系においては、技は単なるスキルであって、(もちろん上手い下手はあるけれども)、正義だから強いとか、そういうことはないようにも思うのだ(もちろん、少林寺物とかでよく出てくるように、「正義の拳を受けてみろ!」みたいなのはあっても、それはやっている者のちがいであって、正義の拳自体が(正義だからゆえに悪の拳よりも)強い、というところまで、行かないのではないか、と。
 そこらへんの感覚のちがいが、今一マイナーにとどまっている理由かなあ、なんて、思ってみたり。

【メカの数が多い!】
 正確にはメカではないようなのだが、とにかく次から次へと新メカが出てきて洪水状態。
 これではかえって個々のありがたみがないのでは? なんて思って、思いついたのが、制限をかけるやり方。
 たとえば敵の陰謀によって一部のメカしか使えなくなってしまう状態が何話も続いたりとかすると、使えるものだけで何とかやりくりするしかないから、かえって活躍の見せ場ができるかな、なんて。
 あるいはヘッダー(ロボットとかに合体する小さなメカたち)があまりにも多いので、各ヘッダーが日本のあちこちに一斉に封印されてしまい、主人公たちは日本全国を回り、いろんな町や村を訪れながらヘッダーたちを救い出していく<日本全国ヘッダー救助の旅>とか(で、そこで地元の子供や人たちの事件も解決してあげる)(ある意味、『水戸黄門』みたいだ)。

 なんてことを、見ていて、ふと、思ったのでした。
posted by らぶらどーる at 18:40| 広島 | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舩木壱輝について(2)(『FIST 拳』)

 ((1)の続き)

【キャラクター】
 主演の舩木壱輝、ファイターという感じではない。
 RPGでいえば、シーフ系に向いているのでは、と思う。
 というのは、殺気がなくて、全体的に軽い。勝つことに対する貪欲さや冷酷さ、執念といったものを感じないので、闘者(を演じる)には向かないのでは、と思う。
 どっちかといえば、怪盗とかそういったスタンスで、本人は戦う気はないのに、なんだか厄介なことに巻き込まれてマジに追っかけられてしまい、でもいざ戦闘となると強いから勝っちゃって、でも目的は相手を潰すことではなくて、みたいな感じの方が向くのでは、なんて、なんとなく思ったのでした(見てないけど映画『K−20』的な感じ?)。
 (身体能力で物がちがうので、軽々さばけてしまうのだけれど、戦いに興味がない、というか)。
 (ゲーム『バーチャファイター』というよりは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、みたいな?)(なんか、だんだん、遠くなってるような気が)。
 DVDのジャケットでは危険な目つき(?)みたいなものを出したかったのかな? と思うのだけれど、どっちかというと<いい奴系>が向いているような。
 (そうそう、シーフ系という意味で言うと、たとえば、漫画『北斗の拳』のキャラで言えば、雲のジュウザ的な感じ?)(ラオウでも、ケンシロウでも(サウザーでも)なく)。
 (ま、これは<いい奴>とはちょっとちがうけど、なんていうか、ガツガツの王道じゃ、ないよね?)。
posted by らぶらどーる at 15:53| 広島 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舩木壱輝について(1)(『FIST 拳』)

 『 FIST 拳』という映画(? DVDオリジナル?)が、TSUTAYAでたまたま目にとまったので、なんとなく借りてみる。
 主演は舩木壱輝なる人。
 申し訳ないが、作品の方はちょっと見続けるのがしんどくて、かなり飛ばしながら見てしまった。
 アクションが売りのようなので、アクションシーンをそれなりに見て、それだけの状態での感想・印象なので、本作品に関わった人たちからするとかなり不本意なところもあるかもしれないが、とりあえず、印象・感想など。

【主演のアクション】
 確かに速くて反応はよさそうだが、動きがきれい過ぎて、迫力が無い。また、一発の重さを感じない。
 確かに、見た目と実際の威力とは関係がない場合も多いとはいえるが、アクション物として、どうか。
 たとえば意図的にそういう(見た目は軽いんだけど実は効いてるんだよ的な)打撃を表現したかったのだとすれば、もうちょっと工夫しないと威力の方が見ている者には伝わらない。
 本作を見る限り、タイプ的にはテクニシャンタイプ(のアクション)を演じるのに向いているような気もした。
 (なんていうのか、ちょっとちがうんだけど、ボクシングのホリフィールドみたいな感じ?)。
 棍を振り回すところとか、演武的な部分はスピーディーでかっこいいところもあったので、そこはいいのだが、その棍で実際に相手を打つときに、打つ直前でスピードダウンしてからカツンと打つのは、なにか意図があってのことなのだろうか?(足元あたりをねらったところとか)(たしか)。

【撮り方】
 全体に薄暗い中でやっているので、特にアクションを見慣れない人にとっては、何をやっているのか分からないのでは、と思う。
 (速い技の応酬にはただでさえ、見る側の目がついていきにくい。それが薄暗がりの中では、ちゃんと見てくれ、という方が無理というもの)。

【ストーリー】
 飛ばして見ているのできちんとは語れないが、(それでも)、うーん……という印象。
 釈由美子主演の映画『修羅雪姫』を(レンタルで)見たときにも思ったのだが、なぜか知らないがアクションの人って、こういう設定というか世界というか、好きなような気が。
 ま、それは好みの問題なのだが、どっちらけになっている感じが。
 (ま、ちゃんと見ていないので、深くは語るまい)。

 ((2)に続く)
posted by らぶらどーる at 15:44| 広島 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

サッカー デンマーク戦に向けて (2)

 デンマーク戦を控えて、あちこちでデンマーク対策というのがとりあげられているのだが。
 見ていてふと気になったのは(というか気がついたのは)、ベントナーとロンメダールが注目されているけれど、そっちに気をとられると、トマソンが空くのでは、という。
 で、実行されるかどうか分からないけれど、ひとつのねらい筋としては、ベントナー相手でもCB2人がかりなら、そこそこ大丈夫だと思うのだが、いいタイミングで下がり目(セカンドトップ的な)のフリーなトマソンにボールを入れられて、それにCBが対応しようとすると、ベントナーのマークが1人になる。そこでベントナーが、当たりの強さや動き出しのタイミングを使って自分についているCBをはずしたところに、予定通りトマソンからのラストパス、ってパターンはあるかなあ、と。
 あるいはトマソンが1人で切り込んでくる(抜きに来るのではなくて、CBと自分の体勢から判断して、前にボールを持ち込めるコースどりをしてくる、って手もあるか?
 要するに、相手FWが縦の関係になった時に、下がった選手をフリーにしてしまうと、そこへの対応をあせるあまり、前の選手への対応がルーズになる可能性がある。で、前がルーズになったところで、ボールを持っている後ろとのからみでシュートまで持っていく、と(まあ、いったんサイドにはたくパターンもあるかもしれないが)。
 気になったのは、一部(の番組等)で、プレスに行った方が(いい)、みたいな意見も出ていたのだが、そのときに一番まずいパターンは、3ボランチが3人ともプレスに行ってしまって、アンカーのポジションが空いてしまうと、そこをトマソンにうまいこと使われるかも、ということ。

 まあ、考え出したら、きりがないのだが。
posted by らぶらどーる at 12:06| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

まさかの500円玉

 6月だというのに、この炎天下。
 外を歩いていて、なにか飲もうと自販機の前で立ち止まる。
 100円玉がなかったので500円玉を取り出し投入すると、ちゃりん、ともどってきてしまう。
 投入する時の表裏を逆にしてやってみたがやっぱり無理なので、1000円札に変更。
 無事に出てきたおつりを回収し、アイスココアの缶を片手に、自販機を確認。
 500円硬貨は使えることになっているし、つり銭切れのランプも点いてはいない。
 それによくよく見ればこの自販機、全品100円だ。したがって10円玉が切れているということはありえないし、誰も買っていなかったとしても、あらかじめおつり用に100円玉は入っているはず。
 もちろん1000円、500円ばかり使われたって可能性もなくはないが、それにしても――
 もしや、500円玉の方がニセ金とか!?
 と一瞬びびって、財布の中からもう一度500円玉を取り出して、よくよく見てみると、<日本国>の文字の下に、なにやら見慣れない字が。
 <愛・地球博>。
 反対側には<EXPO>とか、<2005 AICHI JAPAN>の文字が。
 そう、<愛・地球博>の記念硬貨でした。
 (正式名称は、<2005年日本国際博覧会記念500円ニッケル黄銅貨幣>とかいうらしい)(今、調べた)。
 ……でも、こういうのって、記念に大切にとっとくもんなんじゃないの?
 どっかでおつりにもらったんだろうけど……なぜまぎれてたのか、謎だ……。
 (というわけで使わずに、記念にとっておくことにしたのでした)。
posted by らぶらどーる at 23:23| 広島 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

サッカー デンマーク戦に向けて

 日本のW杯決勝トーナメント進出を賭けた最終戦の相手はデンマーク。

 ということで、デンマーク対カメルーン戦の録画を見終わったので、デンマークについての感想など。

【攻撃】
 イマジネーションは特に感じない。
 あらかじめ、ボールを保持しているフィールド上での位置等によって、そこからの展開を何パターンか用意しておき、彼我の状況(ポジショニングや体勢)によって展開を使い分ける、といった感じ。
 なので、型に入った時には一気に来る(受け手の方も、いったんパターンに入ったらチャンスだと分かっているから、迷いなく、全力で来る。したがって、(いったんパターンが始動したら)、得点になりやすい)。
 あとはその展開をより効果的にするために、選手個人の身体的特徴(スピードや当たりの強さ)を組み合わせている、といった感じ。

【守備】
 DFが4枚とも中央に固まる傾向にある。
 ただしこれはたぶん、半ば意図的なもの。
 センターが高いので、SBの外から真横にクロスを入れられる分には、かまわない。また、そうしようとする相手への守り方も組織されていて、手慣れている。
 可能性があるとすれば少し浅い位置からのななめのクロスボール(例:後半17分30秒のプレー)か、SBを縦に抜かずにななめ後ろ(ペナルティーアーク方向)への折り返し(後半の後半に、何本もある)。
 (ただし、ななめクロスは、ゴールに向かうボールは駄目。右からは右足、左からは左足で蹴るようなボールが向いているように思う)。
 DHとCBで中央が厚いので、サイドに展開するとしたら、たとえば前半40分02秒あたりのプレー(というか、タイミング?)が参考になるかも知れない。
 1対1の局面でいえば、横にはずす手はあるかも知れない。
 (ただし、自陣内でやると失敗した時大変なことになるので、自重すること)。
 守備は最終的にはケアー(がクリアしたりして)もっているという印象があるので、彼の欠場がどう響くか。これはちょっと(デンマークのケアー抜きの試合を見ていないので)予測がつかない。

 とりあえず、こんな感じ。
posted by らぶらどーる at 15:02| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

サッカー グループリーグ最終戦の話

 昨夜の試合でデンマークがカメルーンに2−1で勝ち、次のグループリーグ最終戦で、決勝トーナメント進出を賭けて、日本とデンマークが直接対決を行なうこととなった。
 日本はやはり、得失点差のアドバンテージを活かせるかだが、まずは、試合の展開を握ることを考えよう(攻めるとは限らないが)。その上で、どんな展開になったとしても、力づくだろうが虚を突こうが、絶対引き分け(以上)で終わる! と、強い意志を持つことが必要だ。

 それはさておき、今回のグループリーグ最終戦、過去の日本の国外W杯での最終戦にくらべると、ずいぶんと未来が見える展開。

 1998年フランス大会では、2敗して既に予選落ちが決定。しかも2試合連続ノーゴールという環境の中、せめて初得点、初勝利をという願いしか、残されてはいなかった。

 2006年ドイツ大会では、決勝トーナメント進出の目はあるものの、強豪ブラジル相手に大差で勝てばという非常に難しいシチュエーション。おまけにキャプテンにして守備の司令塔・宮本も出場停止という厳しい状況で、フランス大会よりは状況的に恵まれていたものの、トンネルの先の光は、曲がり角に隠されて、よく見えなかった。

 それが今大会では、得失点差でリードした上での直接対決引き分け以上で決勝トーナメント進出が確定、しかも相手は第一シードではない。
 もちろんデンマークは難敵だが、過去の大会にくらべれば、シチュエーション的には上がっている。
 そしてそれは、日本サッカー自体の歩みかもしれないと思うわけで――

 願わくば決勝トーナメント進出という形で、更なる一歩を踏み出せんことを。
posted by らぶらどーる at 20:33| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

<新しい刺激>という考え方

 一個前の記事にも書いた雑誌『投稿道F』だが、印象に残ったのは以下の個所。

 少女漫画的表現(大きなキラキラの瞳)の元祖・高橋真琴作品の展示会が開催中という記事で、

 なつかしい人にも、新しい刺激がほしい人にも、見てほしいなあ…。(53ページ)

 と書いてある。
 この<新しい刺激>という考え方が、結構重要ではないかと思ったのだ。

 売れ線をねらったり、確実性を求めたりすると、どうしても傾向が平均化してくる。それはそれで(好きな人にとっては)心地よいのだが、しかしある意味、退屈な世界なことも事実である。
 そういったときに、異質であること、ちがうものであるということ自体が、(<新しい刺激>という意味で)、<価値>となりえるのではないか。
 <新しい刺激>を受けるために、というアプローチもありなのでは、なんて、ふと思ったのでした。

 それは言ってみれば、<普段とはちがう体験をする瞬間>という意味で……。
posted by らぶらどーる at 23:51| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする