2008年01月31日

サッカー 日本対ボスニア・ヘルツェゴビナ

 新生岡田ジャパン2戦目は、点を取り切れない展開からアイデアを出してのプレーが中澤の先制点に結びつく。さらにやや集中が切れ気味のボスニア・ヘルツェゴビナの守備の隙を見逃さず、中央に走り込んだ山瀬が落ち着いて2ゴール。スコア的には3−0の快勝となった。
 山瀬の2ゴールで思ったのだが、カウンター的な攻めの方が得点率が上がる気もした。ならば中盤に守備の強い選手をふたり入れるのも手ではないかと思ったのだった。
 守備面では最終ラインの右サイドと中央に危ういところが何度か見られ(内田、阿部)、先に控える真剣勝負のことを考えるとやや不安な出来。
 攻めではチャンスの近くまでは行くものの、前半点が取れなかったように、最後の部分ではまだまだ力不足。個人個人の不足の自覚と向上が望まれる。
 
 W杯3次予選に関しては、サッカーマスコミに見られる<勝てるはずだから、ここは先々のことを考えて……>みたいな発想が何よりの敵。前回の1次予選前に<オマーンには楽に勝てるはずだから……>とやっていたのと何も変わっていない。
 結局、前回、オマーンに関して見誤っていたわけだが、なぜ見誤ったのかの確認・反省・修正をまったくしていないということ。だから前回と同じ論調になる。要はマスコミの側が成長していない。
 とはいってもいまさらマスコミの側が変わるわけもないので……ま、選手・チームの側は、真剣勝負・本番では<まず目の前の試合に全力を尽くす>という基本を忘れることなく戦って、勝ち進んでいってほしいと思う。
 (昨年のアジアカップ4位は育成に主眼を置いていたから……なんて高(たか)をくくらないこと。昨年のチームが勝負弱かったことは、厳然たる事実なのだから。同じ意識でいるとやられるぞ、と。勝負強いチームへの脱却はできているのか、と。まあ、そういうことだ)。
posted by らぶらどーる at 18:18| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンドボール男子 日本対韓国

 実力が女子よりも接近していることもあってか、非常に白熱した試合となった。
 負けたのだから満足感はさほど無いだろうが、かなりの力は出したのではないか。
 惜しむらくはシュート数自体が少なかったことで、競った展開なら別にいいのだが、点差をあけられているときにつなぎを多くしても難しい。
 すかすのなら、直接的な攻撃を多くして相手がそれをケアするようになってからすかさないと、いくら回しても相手は突破をケアしないので、ただずっと後ろに控えて待ち構えていて崩れないのでは、と思う。
 ただまあ、選手たちの闘志、熱意はいやというほど伝わってきた。
 あと今回の試合でよく分かったが、ゴールキーパーのプレーが本当に試合の行方を左右する。結果3点差での敗戦だったが、相手ゴールキーパーのスーパーセーブで3点くらい持ってかれてるのではないか。
 勝ち負けとしては残念だが、ハンドボールの熱気や魅力を見た人に伝えられた試合だったのではないかと思った。
 あと、TVの解説が落ち着いて技術・戦術的なことも素人に分かるレベルのことを説明してくれたので、なじみの薄い競技のTV中継としては、なかなか良かったのではないかと思う(実況も含む)。
 何はともあれ、今回の一件でハンドボールという競技は完全に日本では認知されたと思う。新たなハンドボール普及の原点ともなりうるのではないか。
 男女共に世界最終予選が控えている。道は険しいとも聞くが、そちらの方でも期待したい。
posted by らぶらどーる at 17:54| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WCCF 店舗大会優勝ならず

 ふだんはやらないのだがあまりに空いていたので店舗大会に参戦。全試合CPU相手ならどこまでいけるかという興味もある。
 しかし……試合数多いねえ。めったにやらないから(過去2、3回?)全然知らなかったけど。
 何はともあれ、1−0、1−0で勝ち、2−1、1−2からPK戦勝ち、2−2からPK戦勝ちで何とか決勝へ(カーン大奮闘。黒なのに)。決勝の相手はトリッキーゴーラーズ(だっけ?)。フリーに動くキエーザをまったく捕まえられず、1−2の敗戦。初の店舗大会制覇は夢と消えた。
 ま、夢っていうほどでもないが。
 結局相手を捕まえられないと負けるのね、私の場合。
posted by らぶらどーる at 17:37| 広島 | WCCF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

『サッカーマガジン』の岡田監督インタビューの補足

 前回とちがうことをやりたいというのはおおむね伝わってきた。
 で、おせっかいながらちょっとだけ補足を。
 インタビューのなかに出てきた<家畜化>という言葉。いきなり何を言い出すんだ、とビックリされた方も多いと思う。
 実はこの<家畜化>という言葉、大阪府立大学教授で哲学者の森岡正博氏が自身の著作の中で使っている言葉なのだ(『無痛文明論』など。私は養老孟司氏との対談本『対話 生命・科学・未来』で読んだ。この本はのちに『対論 脳と生命』というタイトルで文庫化されている)。
 要は、人間が社会生活をするようになって、文明が進んで、近代都市とかの中で暮らすようになったことによって、人間は自分たち自身を<家畜>のような存在へと変えてきたのではないか、という発想。本来の人間らしいあり方から離れてしまって良くないのではないか、と、かなり荒く大雑把に言えばそういう感じの考えだ。
 なので、<家畜化>なんて言葉が飛び出しても、岡ちゃん何を言い出すんだ、なんて驚かず、すごい広い範囲で現代社会の問題とかについて考えたり勉強したりしているんだなあ、と受け取ってあげればいいのではないかと思う(やっぱり、おせっかい?)。
posted by らぶらどーる at 17:44| 広島 | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

負の日本の反映?

 小説『となり町戦争』の作家、三崎亜記の小説『失われた町』をちらと見たのだが、なんだか、理不尽や不合理を呑まざるを得ない今の日本社会の負の側面から生まれた作品のような気がして……。
 昔はこういう作品は共産圏に多かったような気がするんだけどなあ……(ま、全部読んだらまた印象が変わるのかも知れないが)。
posted by らぶらどーる at 16:33| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡 補足

 (一個下の補足です)

 奇跡とは番狂わせだけを言うのではない。
 ありえないほどの強者が存在しうる奇跡。
 ハッと見た者すべてが息を止めるような、時さえも止めてしまうスーパープレイ(本当にスーパーなプレイのときは、本当に時が止まったかのような感覚を覚える。私的には最近では昨年のJ1開幕戦、浦和対横浜FCでの久保のスーパーゴール。TV観戦していたのだが、シュートが放たれてからゴールネットに吸い込まれるまで、時が止まったような感覚があった)。
 スーパーなカルテットが存在しうる(しえた)奇跡(たとえばかつてのブラジルの<黄金の中盤>)。
 さまざまな奇跡があって、奇跡の瞬間があって、そうやって人生(・世界)は華やいで、生きていきやすいものになるのかなと思う(別に本人が体験・実現しなくても、その瞬間に巡り合うだけでも)。
 それが奇跡の価値であり、意味・意義なのかなと思ったのだった。

 (サッカーを例にとったけど、映画でも音楽でも奇跡の瞬間ってあるよね、たぶん。あるいは絵画でも芸術全般や、自然の事物・風景・光景や、本当にさまざまなもの・ことに、奇跡の瞬間・奇跡というものは存在しうるし、そしてそれに出会うことで、人は幸せになって、生きていく活力を得られたりするのかな、と思ってみたりする)。
posted by らぶらどーる at 04:24| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡

 奇跡がなければ世の中いかに退屈なものだろうか。
 (この『奇跡』をたぶんイタリアサッカーでは『ファンタジーア』と呼ぶのだろう)。
posted by らぶらどーる at 04:09| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 ラブレター 蒼恋歌

 (丹野雅仁:監督 石垣佑磨・本仮屋ユイカ:主演)

 DVDにて部分的に視聴。

 ザ・ブルーハーツの曲『ラブレター』をモチーフにした青春映画。
 介護福祉士を目指す女性と就職もせずバンドをやっている男性が出会ったことから始まるストーリー、な話。

 実際のところ、最初の30分を見て(全95分)、あとはチャプターメニューで流れを確認して、ラス前から見たという程度なのだが、――だったら書くなって?――冒頭のThe Salingerによるライブハウスのシーンがなんだか迫力・臨場感があってよかったので、そこは書いておきたいなあ、と。あと、ラス前の、桜並木の中を歩いてくるシーンもけっこういい。
 あとはまあ、稚拙ながら好感は持てないこともないが、それだけでは見続けるのは少しばかりつらいものがあって――というわけで私は降りたのだった(でも正月の深夜とかにやっていたら、なんとなく見ちゃうかも)。
posted by らぶらどーる at 03:23| 広島 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人形アニメ ミトン

 (ロマン・カチャーノフ:監督)

 同題のDVD(短編集)にて視聴。

 ロシア産の人形アニメは小編ながら内容が充実した見事な出来。
 雪の積もった冬の町。お母さんに子犬を飼うことを許してもらえなかった少女が外に出て、雪の上で手袋を子犬に見立てて遊んでいると――な話。人形アニメらしいファンタジックな展開やプチハッピーなラストなど、見終わったあとの感覚もいい。色も白い雪に真っ赤な毛糸の手袋が映えていていい感じ。
 あ、台詞は一切ありませんのでその点はご了承を。
posted by らぶらどーる at 01:40| 広島 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンドボール女子 日本対韓国

 異例の五輪予選再試合は、思い切りに欠ける女子日本代表が、過去の対戦成績通りの敗戦。最終予選に回ることになった。
 日本は立ち上がりから動きが硬く、せっかくの再試合を生かせない展開。
 守備では韓国の攻撃をほとんど止められず、攻めでは心の準備が出来切っていなかったのか、結果的に中途半端なプレーの連続で韓国選手退場などのチャンスも生かせない。
 リードを許したまま迎えた後半、日本の攻めは多少は落ち着いてきたものの、相手の攻めを止めることができなければいつまでたっても点差は縮まらない。試合終盤には開き直ったのか思い切ったシュートも見られたが、非勢の中のシュートでは枠に嫌われ、せっかくの開き直りも功を奏さない。結局最後まで韓国の攻撃を止める手立てを見つけられないままタイムアップ。対戦成績からいえば順当な負けとはいうものの、世間の注目が集まったせっかくの好機に、これといったインパクトを残せずに終わった。

 ハンドボール女子日本代表の試合を見るのはおそらく初めてだが(女子韓国代表はいつだったか五輪で上位に入った時に数十分見た覚えがある)(私は広島の人間なので、広島にある女子ハンドボールチーム、メイプルレッズに当時在籍していた韓国人選手が出ているというので見たような記憶がある)、守備では相手を止められない、攻めではその試合で有効なプレーを見抜いて活用することができないなど、ハード(フィジカル)・ソフト(メンタル・試合でのインテリジェンス)共にもうひとつな印象。注目を力に変えることも、あるいは注目に動じず平常心で戦うこともできないまま破れたといった印象で、体も心も足場が弱いかなという印象。
 まあ、スポーツの試合とか見ていると、いろんな<力を出し切れない選手・チーム>を見ることがあるからいまさら驚かないが、せめてやった選手自身の中に何かプラスになるものが残る試合であったならなあ、と思った。あれではあまりそういうものが残らない試合のようにしか見えなかったので。
posted by らぶらどーる at 01:19| 広島 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする